スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

生コーンたっぷり!あさりとコーンの洋風炊き込みご飯

【レシピブログの「アレンジ色々♪簡単!炊き込みご飯」企画に参加中!】

0723asaricorngohan_1.jpg

久しぶりに炊き込みご飯を作ってみました。
生のとうもろこしの粒を冷凍したものがあって、これを使いたかったのだけど、何と合うかなーと考えたら、あさりに決まりました。
あさり炊き込みご飯のレシピをみると、ほとんどが缶詰だったので、私もそれを使ってみました。
缶詰の方が、汁にうまみがしっかり入っているし、むき身なので、断然便利ですね。
ちょっと色付けしたくて、ターメリックライスのレシピをアレンジしました。あさりコーンとターメリックで洋風炊き込みご飯です。
ターメリックとコーン、ちょっと色がかぶってしまってるけど。^^;

炊飯器にセットして炊くだけ。炊いている間から、あさりのいい~香りが。

簡単で美味しくできました~。
それでは、レシピです。

アレンジ色々♪簡単!炊き込みご飯を大募集|料理のレシピブログ
アレンジ色々♪簡単!
炊き込みご飯を大募集|料理のレシピブログ


あさりコーンの洋風炊き込みご飯 ■

<材料>2合分
あさり水煮缶 1缶(130g)
生のとうもろこし(冷凍コーンでも可) 70g
米 2合
もち米 大さじ2
.ターメリック 大さじ1/2
バター 大さじ1
はちみつ 小さじ1
塩 ひとつまみ
パセリ 飾りに少々

1.米+もち米を洗い、ざるにあげて30分ほどおく。とうもろこしは、生のまま実をそいで粒にする。
2.温めたフライパンにバターとターメリックを入れて炒め、はちみつ、塩を加える。
3.あさりの缶詰は汁と身にわけ、身はとっておく。炊飯器に米、汁+水で2合分の水分(360㏄)と、とうもろこし、2を加えて普通に炊く。
4.炊き上がったら、あさりの身を加えて混ぜる。器に盛って、彩りに刻んだパセリをかける。

とっても簡単!!

0723asaricorngohan_2.jpg

ターメリックライスは、色がきれいで華やかです。彩りには、パセリも欠かせませんね。
お米にもち米を混ぜると、ごはんがパラパラにならないでいいみたいです。

あさりは130gの缶で、たっぷり身が入っていました。これ一缶で十分です。
コーンの色がかぶっちゃって、配色的にはイマイチだったかも?^^; でもおいしいよ。



0723asaricorngohan_3.jpg

サイドの野菜のおかずには、ナスと万願寺唐辛子の煮びたし。
お酢を入れたらさっぱり!で箸がとまらない。。
こちらもまたアップしますね。




レシピブログMagazine Vol.3夏号 6月28日発売!
私のレシピも掲載いただきました♪

recipeblogmagazine300x250.jpg
作りたくなるレシピが盛りだくさん!お求めは、書店、コンビニ、インターネットで。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑
スポンサーサイト

2014/07/23(水) | ごはんもの | トラックバック(0) | コメント(0)

シャキッ!パラッ!がうまい、玄米もろこしごはん

0909corngenmaigohan_1.jpg

ただいま、旦那さんが出張中につき、食事は娘とふたり。
そうなると、私は、玄米ご飯を炊きます。

どうゆうわけか、男の人って、ごはんに何か混ざってるの、好きじゃないことが多いでしょ。
真っ白いふっくらごはんが好きで、玄米とか、十穀米とか嫌いな人多くない?
うちでも、玄米入りは好評ではないので、普段は白ごはんですが、こういう時こそ玄米を炊くわけです。
最近の炊飯器って多機能で、玄米100%にして「玄米炊き」コースでやれば、ふっくらもちもちのご飯が炊けて、嬉しいのです。

でもやっぱり娘にもあんまり好評ではなかったのか、、、どうも食べてくれない。
なので、今日はチャーハンにしてみました。

娘の大好きなとうもろこしを生の粒から炒めて香ばしく味付けしたら、そこへ玄米ごはんを投入。
玄米の粒々&パラパラと生のとうもろこしを炒めたシャキシャキの食感が、よく合います!

■ 玄米もろこしごはん ■
2人分 調理時間20分

玄米ごはん 2膳分
とうもろこし 1/2本分
植物油 大さじ1
塩・コショウ 
バター 10g
醤油 少々

1.とうもろこしは、生のまま皮を剥いて粒を包丁でそいで取る。

0909corngenmaigohan_3.jpg

2.フライパンに油を熱し、1を焦がさないようにゆっくり炒める。だいたい火が通ったら、塩コショウをする。
3.バターを加え、続いてごはんを加えてほぐしながら炒める。醤油をさっと垂らして香ばしい香りがでたらできあがり。


0909corngenmaigohan_2.jpg

玄米のとうもろこし粒々の食感と、バター醤油の香ばしさがたまらん!
大人向けには、パンチをきかせてカレー塩をかけると、さらに、とまらなくなります。



おまけの一品

0909semidrytomato_1.jpg

最近ハマっているセミドライトマトで、前菜をつくってみました。
アボカド、チーズ、にんじんサラダを盛り合わて、トマトを散らしただけですが。
白ワインが、合いますね~

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2012/09/10(月) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。