スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

本きざみ粗切り生しょうがで香りたつ。鰯のなめろう

【「新食感の食べる薬味で♪香り立つ春のおもてなし」モニター参加中】

150322namerou_1.jpg

週末の和食シリーズ、昨晩は、でした。

魚屋さんで丸々としたを5尾290円でゲット!
3尾は生で、残りは梅と生姜で煮付けました。

2尾は、なめろうにしました。
お刺身もいいけど、あまりきれいにさばけないし、香りのいい野菜をいっぱい入れたなめろうが食べたかったのです。

青紫蘇、小ネギ、そしてレシピブログさんからいただいた粗切り生しょうがをたっぷりと、麹屋さんの味噌。
まな板の上でうまみが出るまでよーくたたきます。

■ 香味野菜たっぷり、なめろう
たっぷり2人分

 2尾
青紫蘇 4~5枚
小ネギ 4本
ハウス 本きざみ粗切り生しょうが 小さじ2
味噌 大さじ2

1.は開いて3枚におろし、小骨をとって皮をむき、ひとまずあらく切る。
2.まな板の上で青紫蘇、小ネギを刻み、それに1と生姜、味噌を加え、包丁で切りたたきながらよく混ぜる。
味噌は味見をしながらちょうどいい塩梅にしてください。

できあがり!
2ステップでシンプル。
をおろすのがひとてまだけど、なめろうにしてたたいちゃうと思えば、ぐちゃぐちゃでもぜんぜん問題なし!

150322namerou_2.jpg

香味野菜をたっぷり入れて、そして味噌を加えてよーく混ぜると、魚臭さがうまみに変わります。
本刻み生しょうがは、生のしょうがそのもの。とても風味がいいです。

ちょびちょび、お酒のともにつまむのはもちろん、美味しいのですが、
これを白ご飯にのせて、だし汁をかけてお茶漬けにするのが、また、うっまーーーーい!!

お友達が以前ホームパーティーで作ってくれたのですが、これは衝撃のうまさだったので真似してみました。

最後に少しとっておいて、ぜひ、お茶漬けにして食べてみてください。


150322namerou_3.jpg

本日の献立。
鰯のお刺身、なめろう。砂肝のアヒージョ、小松菜のナムル、茎わかめのポン酢がけ、新玉ねぎのサラダ。etc

多少和洋折衷ではありますが(笑)、本日も家族そろって、新鮮素材の和食をたっぷり、楽しみました。



陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑
スポンサーサイト

2015/03/23(月) | 魚のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

鰯づくし

日曜の夜は鰯づくし。

その前の日にまさが帰国したので、新鮮な鰯の刺身でいこーう、と。

と思っていたんだけど、帰ってくるなり大風邪をひいていて、
やれインフルエンザか?くらいのダウンでその日の夕飯はあったようななかったような。。。

そんなわけで次の日は、刺身でいただくには、もう新鮮ではないので、
ちょっと手を加えて、なめろうと、蒲焼にした。

鰯づくし

鰯のなめろう
レシピは、前回のとびうおと同じ要領で。

■ 鰯のなめろう ■

鰯 小さめ3尾分
大葉 2枚 細かく刻む
生姜 小さじ1 すり下ろし
味噌 小さじ1

6尾買った小さめの鰯は手開きするのが簡単。
鰯を包丁の背でたたき、全ての材料とあわせよく混ぜる。


鰯づくし

■ 鰯の蒲焼 ■
鰯 3尾分
小麦粉 適量
酒    大1
みりん 大1
醤油  大1
砂糖  小さじ1~2
ごま油 

1.開いた鰯の水気をふき取り小麦粉を軽くたたく
2.フライパンにごま油を熱し、鰯を皮目を下にして焼く。
3.調味料を合わせたタレをまわしかけ、焦げ目が軽くついたら返して両面照りが出るまで焼く。

意外にカンタンニャンω
白いごはんが欲しくなるねえ~。

奥は先日漬けていた豆腐の味噌漬け。
漬かりすぎてちょっとしょっぱかったけど、珍味みたいな味で焼酎がすすむね~ラヴ
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2009/06/29(月) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(4)

とびうおのなめろう

夕方店じまい間際の魚屋で、安くするから!と半分売りつけられた(笑)とびうお
3尾分もある。さて、どう食べよう?

買ったその日は刺身で食べた。

次の日は、魚屋のおじさんのおすすめどおり、なめろうにしてみた。
“味噌と大葉で和えればいいんだよ”と言われたんだけど、とりあえずネットで調べて適当にアレンジ。

とびうお なめろう 


■ とびうおなめろう ■

とびうお 
大葉 4枚くらい
生姜 みじん切り 大さじ1
ねぎ みじん切り 大さじ1
味噌 大さじ2

1.大葉は千切りにし、調味料とよくまぜる。
2.とびうおは小さく切り、包丁でたたいてさらに細かくする。
3.1と2をよく混ぜて出来上がり。

うーんニャンω
これは、やっぱり、焼酎ですな。

とびうおは、日本の南西の日本でよく食べられる魚らしい。
とびうおというと、私には“島”のイメージがあって、特に屋久島を思い出す。
昔、友達と屋久島に行ったときに泊まった宿で、そこは素泊まりキッチン付きだったにも関わらず、
毎晩オーナーさんのサービスで屋久島の焼酎「三岳」(しかも一升瓶)ととびうおの刺身をいただいた思い出がある。
昔漁師さんたちは漁が終わると、安上がりな焼酎ととびうおで、毎晩延々呑んだんだって。



陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2009/04/24(金) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。