スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アンチョビソースで食べる西谷葱のロースト

0422anchobisaouse_2.jpg

先日ご紹介した、西谷葱のローストアンチョビソースですが、レシピをご紹介していなかったので、アップしました。

今が旬の西谷葱。収穫の時期は4月のひと月だけということで、食べられるのはほんとうに今だけ。
水分が多くてやわらかく甘みがあるのが特徴なので、さっと焼いたり、ぬたにして食べるのがおすすめだそうです。
私はオーブンで焼いて、バーニャカウダ風のアンチョビソースを添えました。
葱の甘みとアンチョビソースの塩気がちょうどいいバランスで、美味しかったです。

このアンチョビソースは、バーニャカウダのようなものですね。
葱以外にもいろんな野菜につけて美味しく食べれるので、おすすめです。
レシピをご紹介しますね。


■おうちで作れるアンチョビソース
作りやすい分量

<材料>
にんにく ひとかけ
アンチョビペースト 大さじ2
砂糖 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ4
牛乳 大さじ2
生クリーム 大さじ2

1.にんにくは割って芯を取り除き。さっと水をくぐらせてシリコンスチーマーなどに入れて600Wで30~45秒加熱する。こうすることでほくほくになり、牛乳で煮る時間を短縮します。
2.小鍋に1と、牛乳をひたひたくらいに入れ(分量外)、弱火で煮る。7分ほど煮て柔らかくなったら、残っている牛乳は捨ててすりこぎなどで潰す。さらに、アンチョビペーストを加えて一緒に潰す。
3.オリーブオイル、砂糖、を入れてかき混ぜ、5分ほど弱火で煮る。
4.火を止めて余熱で沸騰している状態のところに牛乳と生クリームを加えてよく混ぜ、乳化させる。

できたての時はサラサラで緩いと思っても、冷めたら少しまったりと落ち着くので大丈夫です。

アンチョビは、かたくち鰯のオイル漬け。ちゃんとした缶詰でなく、ペーストでOKです。
その方がお安いし、刻む手間が省けます。

それから、このために生クリームを買うのは正直もったいないんですよね。^^;
でも、牛乳だけだときれいに乳化してクリーミーにならないんです。
(あ、ちなみに純正の動物性の生クリームじゃなくても乳化しました。)


焼きたての葱にかけて、いただきましょう~。

0422anchobisaouse_2.jpg

葱の中からあまいとろみがぴゅっと出るのが、また美味しい!
この甘さと、アンチョビのしょっぱさが、よく合います(何度もしつこいけど^^;)



0419latinclass_10.jpg

西谷葱はオーブンで200度で13~15分くらいがちょうどよいです。


0422anchobisaouse_1.jpg

こちらは、本番の料理教室で作った分。
本番は、オーブンの火加減が強すぎて、かなりウェルダンになってしまいました。
西谷葱さん、せっかくの柔らかいところを硬くしてしまって、ほんとにごめんなさい!!
それでも生徒さんには、このソースは好評でしたよ。



4月27日より発売開始!私のレシピも掲載いただきました♪
レシピブログ<br />magazine Vol.2好評発売中♪
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑
スポンサーサイト

2014/04/22(火) | 野菜のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。