ニカラグアごはん ガージョ・ピント Gallo Pinto 

先週末のフリホレスの続き。

中南米の豆料理、フリホレスは、ぶっかけごはん的に食べるけど、
こんな風にしても食べる。


0524_gallopint_01.jpg

ガージョ・ピント Gallo Pinto


フリホレスとごはんの混ぜごはん。
一見、お赤飯のチャーハン? 笑
刻んだにんにく、玉ねぎを炒めて、そこにフリホレスを汁ごと加え、ごはんを入れて炒める。

ニカラグアをはじめ、中米ではよく食べる家庭料理。
私のはすごくシンプルだけど、たいていはこれに(薄い)ビフテキと、プラタノベルデ(緑の甘くないバナナ)が添えてある。
ニカラグアでは、添えてあるものによって、pinto con ○○ となり、○○の部分が変わってくる。

この料理、中米では一般的によく食べられるんだけど、おもしろいことに各国によって、呼び名が変わってくる。
ニカラグア: ガージョ・ピント gallo pinto
コスタリカ、ホンジュラス: カサミエント casamiento
キューバ: コングリ congri


これらの名前には一応、由来がある。
ヒントふるーつ☆Cultivation・キラキラ星
galloは雌鳥、pnitoは色を塗る、などの意。
casamientoは、結婚
congri = ???

答えは、今度のイベントで教えるよー。 ヒヒヒ 食べれるよー。
お楽しみに。ぴーす



ごはんを炒めるところ。
私の記憶では炊き上がったごはんだったと思うんだけど、、、
探してみたら、レシピを発見! 
やっぱり、炊き上がったごはんを入れるようだ。↓O

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑
スポンサーサイト

2009/05/28(木) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |