実はメキシコ発祥!?ロメインレタスの本格シーザーサラダ

150509latinclass_5.jpg

シーザーサラダ
TG●FRIDAYのようなアメリカンなダイナーではもちろん、ファミレスなど、洋食屋さんではすっかりお馴染みのサラダですよね。

実はこれ、メキシコ料理だって知っていました?
私も知らなかったんですけど、、。^^;

このサラダの名前にある”シーザー”というのは、メキシコの北ティファナという町にあったレストランの名前で
その店で生まれたサラダなんだそうです。

“シーザー=Cesar”
古代ローマーではシーザーとかカエサルと呼びますが、スペイン語でいうところの“セサル”。
私の友達にも何人セサルがいたっけ?ってくらい、スペイン語圏ではとてもポピュラーな名前です。

もともとのレシピは、ロメインレタスと使うこと、そしてアンチョビやクルトンまたはパン、
さらに驚きなのは、生卵を使うことです。

日本で市販されている”シーザードレッシング”のクリーミーな味とは、かなり違いますね。

5月の料理教室で、ロメインレタスを使って、この本格的なレシピで作りましたので、それをご紹介します。

なお、レシピはメキシコ料理の巨匠、渡辺庸生シェフのレシピと、荒井商店の荒井シェフのレシピを参考に、アレンジしています。


■ ロメインレタスで本格!シーザーサラダ
<材料>4人分
ロメインレタス 6枚
食パン(6枚切り) 1枚
アンチョビフィレ 2枚
にんにく 1片
卵 1個
パルメザンチーズ 大さじ2

1.食パンは2cm角に切り、フライパンまたはトースターでカリカリに焼く。
2.ボウルにアンチョビとにんにくのみじん切りを入れて麺棒などで潰し、そこに1を混ぜて軽く潰しまがら混ぜ、卵を加えて混ぜ、チーズも加える。
150509latinclass_3.jpg

3.大きくちぎったロメインレタスを加えてざっくりと混ぜ、皿に盛る

はい、これでできあがり♪

150509latinclass_5.jpg

やっぱりこのサラダは、大皿にどーん!と盛るのがいいですね。

ちょっといいレストランでは、店員さんがソースにレタスを絡めてチーズを振るところをお客さんの前でやってくれますよね。
レタスのシャキシャキの食感を楽しみたいから、そんな風に、食べる直前に和えるのがいいでしょう。

ロメインレタスがなかなか手に入らない、という場合は、もちろん、サニーレタスでもOKです。

アンチョビの塩気と卵のとろみが絡んだクルトンがまた味わい深い。
これと一緒にレタスをもりもり!
山盛りにしたレタスも、意外に、ペロリと食べれちゃいます。


いつものサラダに飽きたら、こんな本格シーザーサラダもいかがでしょう。
おうちでも作れる材料なので、よかったら試してみてください。





陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑
スポンサーサイト

2015/05/28(木) | 野菜のおかず | トラックバック(0) | コメント(1)

お礼~おうちで作れるラテン料理教室 5月~

150509latinclass_6.jpg

土曜日は、おうちで作れるラテン料理教室でした。
今回もまた、たくさんの方にお越しいただいて、にぎやかなクラスとなりました。
いつもとちょっと違うメンバー。特にホームページから二人お申し込みいただいたのは、嬉しいですね。
参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

さて、本日のメニューです。

Menú de Hoy
アペリティフ モヒート~ ヘミングウェイが愛したキューバのカクテル
ミラネサ デ カルネ ~Milanesa de Carne~
シーザーサラダ ~Ensalada César~
アボカドときゅうりのすり流し 
カンパリトマトのコンポートゼリー  
横浜野菜のサラダ、ピクルス
季節のデザート オレンジティラミス



150509latinclass_1.jpg

今回も地元横浜の野菜をたくさん使いました。
神奈川区平本農園のロメインレタス、ルッコラ、グリーンリーフ。
保土ヶ谷区山本温室園のカンパリトマト、きゅうり。
栄区矢島農園の新玉ねぎ、にんじん、かぶ。

写真にはありませんが、ロメインレタスは、規格外の大きさでとっても元気!
カンパリトマトも真っ赤に熟して一番の食べごろです。


150509latinclass_2.jpg

最初トマトのコンポートゼリーを作りました。
なにしろ量が多いので、ゼリーを冷やして固める時間が間に合うかな?
ってところでしたが、どうにか間に合いました。


150509latinclass_4.jpg

ミラネサを挙げているところです。
次々と30枚近く揚げたので、まるで揚げ物やさんみたいですね。


さてさて、、、
どうにか出揃いました。

150509latinclass_12.jpg




150509latinclass_8.jpg

アペリティフのモヒート。
今回はモヒートシロップ+炭酸に、ホワイトラム、ミントの葉、そしてライムを添えました。
ミントとライムのさわやかな甘さのカクテルです。



150509latinclass_10.jpg

メインの、ミラネサ デ カルネ
南米はパラグアイ、アルゼンチン、ブラジルあたりでよく食べられるビーフカツです。
牛肉を叩いてうすーくのばすのが特徴です。
これでも少し厚かったのかもしれません。
揚げ時間が長かったのか、少し硬くなってしまいました。



150509latinclass_5.jpg

シーザーサラダ
実は、メキシコ発祥の料理なんです。
日本で食べるシーザーサラダは、クリーミーなソースがかかっているものが一般的ですが、
本場のレシピには、アンチョビとにんにくがたっぷり、これをクルトンに絡めて、、そしてなんと卵が入るのです。
たっぷりの、ロメインレタスとグリーンリーフと和えます。



150509latinclass_7.jpg

アボカドときゅうりのすり流し。
和風のような洋風のようなスープ。
ふたつをバランスよく混ぜて、豆乳をプラスして味を調えました。
最後に、オリーブオイルと石垣島の胡椒、ピパーツを散らしています。



150509latinclass_9.jpg

カンパリトマトのコンポートゼリー。
これはとてもきれいにできました。
トマトの上から崩したゼリーをかけて、ミントを添えています。さわやかな一品。



150509latinclass_11.jpg

付け合せはいつものピクルス。
今回は新玉ねぎ、にんじん、カブです。
それから、ルッコラ。これも、平本さんのルッコラ。味が濃くて美味しかった!


ランチタイムは会話も弾んで楽しいひととき。

150509latinclass_14.jpg

最後にコーヒーとデザート。
今回はオレンジのティラミスです。
清見オレンジ+手作りマーマレード+下はオレオ。大人味のティラミスです。
これはとても簡単でおいしかったです。レシピをまたご紹介しますね。




150509latinclass_13.jpg

おいしい野菜を提供してくださった生産者のみなさま、いつもありがとうございます。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

次回は、まだ未定ですが、決まり次第お知らせさせていただきます。



陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/05/12(火) | 料理教室 | トラックバック(0) | コメント(3)

レタスがモリモリ!うちのシーザーサラダ

0411ceazersalad_1.jpg

TGIF!今日は金曜日!
っていうと、必然的に夕飯は、ビールがおいしいおかずを作りたくなっちゃいます。

先日イベントのために仕入れたレタスもいよいよ残り少なくなってきて、最後はロメインレタスで、シーザーサラダにしました。
神奈川区の農家さんから4種類のレタスを買ったんですけど、濡れたキッチンペーパーと新聞紙でしっかりくるんで冷蔵保存していたら、1週間もちました!1週間たってもシャキシャキなんです、
すごいレタスだなーって改めて感動しちゃいましたよ。

シーザーサラダというのは、アメリカの料理だと思われがちですが、発祥はメキシコだそうで、実はメキシコ料理なんですよね。

本格的なレシピはドレッシングには、アンチョビやらパンやらいろいろ使うのですが、今回は家にあるもので、“我が家流”のシーザーサラダです。
クルトンは、食パンがなかったので、かわりにコーントルティーヤチップスを使いました。
マヨネーズ控えめでヨーグルトを使ったところが、ちょっとヘルシーかな?


■ レタスもりもり!うちのシーザーサラダ
2人分 調理時間15分

<材料>
ロメインレタス(またはグリーンカールなどとミックスでも) たっぷり
ベーコン 2枚
コーントルティーヤチップス あれば3、4枚
にんにく ひとかけ
オリーブオイル 大さじ1

(ドレッシング)
A.マヨネーズ 大さじ1
A.プレーンヨーグルト 大さじ2
A.牛乳 大さじ1~1.5
A.レモン汁または酢 大さじ1
A.粉チーズ 大さじ1.5~2
A.ハーブソルト 少々

1.ロメインレタスは洗って水気をきり、ざく切りにする。ドレッシングのAをよく混ぜる。
2.ベーコンを1.5cm角にきり、フライパンにオリーブオイルをあたため刻んだにんにくと一緒にカリカリにいため、最後に砕いたチップスを加える。
3.大皿に1のレタスを盛り、2を上に散らし、ドレッシングを回しかける。



0411ceazersalad_1.jpg

わーい!できあがりっ。

はやく飲みたい、たべたいっ。


0411ceazersalad_2.jpgder="0" width="380" height="288" />

あっさり、そして少し苦みのあるロメインレタスは、濃いめに味がついがほうがすすみますね。
かといって、マヨネーズたっぷりのドレッシングは濃いし、カロリーも気になるので、ヨーグルトとレモンであっさりにしました。
これならたっぷりかけても飽きずにたくさん食べれます。

肉のおかずは、豚モモ肉のソテーにおろし新玉ねぎソースです。
塩こしょうをして焼いただけの豚肉に、おろし玉ねぎが絡んだシンプルなおかず。
簡単だけど、これまたビールがすすむおかずです。
これはまたあとで紹介しますね。


それでは、今日もお疲れさまでした!
おいしいお酒とごはんの楽しい夕食で元気をチャージしましょうっ。




4月27日より発売開始!私のレシピも掲載いただきました♪
レシピブログ<br />magazine Vol.2好評発売中♪
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/04/12(土) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |