FC2ブログ

豚バラ肉で簡単♪ハーブ+塩麹でロールキャベツ

160507rollcabege - 2

おはようございます。
スパイス大使のquericoです。
連休はいかがお過ごしでしたか?
とーってもいいお天気続きで、お出かけにも、レジャーにも、おうちの片付けにも、ぴったりでしたね。
私はお仕事ちょっと、家族でホームパーティー、そしてラテンなイベントにお出かけと、いろいろ楽しみました♪

さて、お料理の方ですが。
先日スパイス大使のキックオフイベントに参加させていただいて以来、より一層、スパイスとハーブを普段から楽しむようになりました。

つい一昨日作ったロールキャベツは、オリジナルのエルブ・ド・プロバンスと、ただいま新たにマイブームな塩麹を使って煮込みました。
ハーブ塩麹。旨みを引き出す効果はバッチリ!
スープまで飲み干したくなるようなうまうまロールキャベツが出来上がりました。
お肉はひき肉でお団子にするのではなく、豚ばら肉を使ってくるくる巻いたので、とっても簡単。
お肉が少ないぶんキャベツがたっぷりでとってもヘルシーです。


豚バラ肉で簡単。ハーブ塩麹でロールキャベツ
4〜8人分
キャベツ 8枚
豚バラ肉 240g
塩麹 全量で大さじ3くらい
GABAN エルブ・ド・プロバンス 小さじ1/2
GABAN ブラックペッパー(ホール)数粒

1.キャベツはたっぷりのお湯でさっと茹で、ざるにあげて水気を切る。
2. 1をまな板の上に広げて、豚バラ肉を1〜2枚広げ、塩麹を小さじ1/4程度塗る。葉の先の方からくるくると巻いて芯の方を巻き終わりにし、爪楊枝を刺す。これを全部で8個作る。
160507rollcabege - 5


3.深みのある鍋に2を並べ、ひたひたの量まで水を加え、塩麹大さじ2、ブラックペッパー、エルブ・ド・プロバンスを手で揉んでから加え、蓋をして中火にかける。沸騰したら弱火にして15分煮込み、火を止める。時間があればそのまま冷ましておくと味が馴染みます。

出来上がり〜♪
3ステップでとっても簡単!

160507rollcabege - 31

キャベツは先日お手伝いに行った矢島農園さんのキャベツ。大きくて、1個でもかなりのボリュームでした。
キャベツの葉を一人で1〜2枚は、生だとなかなか食べるの大変ですが、モリモリ、煮てあると食べれちゃいますね。


160507rollcabege - 4

ナイフで切った断面はこんな感じです。
くるくると層になって、見た目もきれい!

豚バラ肉はもともと旨みがあるのですが、それに塩麹とハーブで、優し〜く旨みが引き出されて、とっても美味しかったです!
家族にも大好評でした

煮込み料理なので、冬のキャベツの方がオススメですが、今の時期の春キャベツで作る時は、煮込み時間は短めがいいですね。
本当に簡単で美味しいので、よかったらぜひ、作ってみてください(*´ω`)┛  
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2016/05/06(金) | 肉のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

スパイス&ハーブでアレンジ☆簡単・時短!トマトのソテーイタリアン風

160422tomatocheese_3.jpg

おはようございます♪
スパイス大使のquericoです。
今月のスパイスのテーマは、「1日を元気にスタート!手早くおいしい朝ごはん」
新学期らしいテーマですね。

温かくなってきて、店頭で売られているトマトもだんだん甘く、味も濃くなってきました。
今日は、トマトの料理がスパイスハーブでワンランクアップする超~簡単レシピをご紹介します。

トマト、玉ねぎ、ウィンナーまたはベーコンといういつもご家庭にあるような食材を使った簡単、時短料理です。
しっかり食べたい朝ごはんにもおすすめですよ。


■ 簡単・時短!トマトのソテーイタリアン風 ■
2人分
トマト 2個
玉ねぎ 中1/4個
ウィンナー(またはベーコンなど) 2本
塩 少々
粗びき黒コショウ 少々
オリーブオイル 適量
GABANナツメグ 少々
GABAN あらびきガーリック 少々
粉チーズ 大さじ2
パセリ 刻んで小さじ1

1.トマトは櫛形に8等分に切り、玉ねぎも櫛形にスライスにする。ウィンナーは食べやすく乱切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルをひいて温め、玉ねぎ、GABANあらびきガーリック、ウィンナーを炒める。玉ねぎがしんなりしたらトマトを加え、塩、コショウ、ナツメグをふる。トマトの皮が少し焦げて水分が出てきたら、崩れないうちに火を止める。
3.2を耐熱皿に移して粉チーズを全体にふり、電子レンジ600Wで1分ほど加熱し、チーズがほどよく溶かす。

ちょー!簡単、できあがりです。

160422tomatocheese_1.jpg

トマトの赤が鮮やかで、食欲をそそります。
加熱したトマトは甘さが増しておいしい~!チーズとの相性もばっちりです。
ナツメグが加わっているところが一味違うアクセントになっています。

スプーンですくってパンに乗っけてブルスケッタ風にしてもよし、またまたごはんに乗っけてもよし。
朝からしっかり食べれますね。


160422tomatocheese_2.jpg

夜なら夜で、ビールやワインのおつまみにもなりそう

野菜、温野菜、体の調子に合わせてバランスよく食べるのがおすすめ。

毎日の食事が健康の基本です。
季節のいろいろな野菜を取り入れて、毎日楽しくおいしく食べて、元気に過ごしたいですね


陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2016/04/22(金) | 野菜のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

ハーブ香る、春野菜のトルティーヤ

【春のごちそうレシピ」モニター参加中】

160319latinclass_15.jpg

おはようございます。quericoです。
すっかり、すっかりご無沙汰してすみません。

3月ももう終わり。子供たちは春休みですね。
桜も3分咲きくらい?でしょうか。最近の花冷えで、開かずにもっています。
娘の入学式までもつといいなあ~~

さて、今日は先日のお料理教室からピックアップしてご紹介します。

春野菜のトルティーヤです。

トルティーヤというと、メキシコ料理のタコスの皮を想像する方が多いかもしれません。
ですが、スペインや南米では、スペイン風オムレツのことをいいます。
あのスペインバルのおつまみにでてきそうな、まぁーるいオムレツです。

基本はジャガイモと玉ねぎ。そしてハムなども入っていますね。

今回は、春野菜のトルティーヤを作りました。
新ジャガイモ、新玉ねぎ、菜の花、彩にトマトです。

18㎝くらいのちいさめのフライパンで作るとちょうどいいです。
卵料理に入れるハーブといえば、ふだんはイタリアンパセリやタイムなんかを入れることが多いのですが
今回は、GABANのチャービルを入れてみました。
かすかに甘い香りがやさしく、シンプルな味の卵料理にあいそうです。

春のごちそう料理レシピ
春のごちそう料理レシピ  スパイスレシピ検索


ハーブ香る、春野菜のトルティーヤ
卵 4個
新ジャガイモ 小さめ1個
新玉ねぎ 1/2個
トマト 1/2個
菜の花 1/4束
オリーブオイル 大匙2くらい
粉チーズ 大匙2
塩コショウ 適量
GABAN チャービル 小さじ1/4

1.ジャガイモは皮をむいて薄くスライスし、耐熱容器に入れて電子レンジ600wで2分ほど加熱し、少し硬めに調理する。
新玉ねぎは櫛形にスライス、トマトは乱切りに、菜の花はさっと下茹でして2㎝ほどに切る。
2.ボウルに卵、粉チーズ、チャービルを入れ溶き、よく混ぜておく。
3.フライパンにオリーブオイルを温め、中火で温め、ジャガイモと玉ねぎを炒める。じゃがいもが透き通ってきたら、菜の花、トマトを加えて軽く炒め、塩コショウで味をつける。
4.フライパンに2を加え、熱で固まる部分を菜箸でよくかき混ぜる。そして弱火にして蓋をし、2分~2分半蒸し焼きにする。
5.火をとめて余熱を入れ、冷ます。

160319latinclass_5.jpg

中火で加熱しながら、よおーくかき混ぜながら作ります。



160319latinclass_8.jpg


作ってからしばらくおいておきました。
お皿にひっくり返して、、、完成です♪




160319latinclass_11.jpg

切り分けてお皿によそい、トマトソースをかけました。
とってもきれいにできました。


160319latinclass_15.jpg

プレートは黄色を中心に春の彩り。
GABANサフランを加えて炊いたサフランライスも、きれいにできました。

チャービルのほんのり甘い香りのトルティーヤ、きれいにできてよかったです。
それでは、いただきまぁーす
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2016/03/27(日) | 卵のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

簡単・おいしい!チキンのハーブマリネード焼き

【手軽にできる、ごちそうレシピ」モニター参加中】

151226latinclass_8.jpg

新年明けましておめでとうございます!!
昨年はたいへんお世話になりました。

今年も、皆さまに喜ばれるレシピをたくさんアップしていいきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


暖かいお正月、皆さんはどうお過ごしですか?
私は実家でのんびりと、そして普段は娘と一緒に過ごし時間をあまり作ってあげれない分、お正月はいつも以上にべったり。笑
地元をいろいろと出歩いています。
今日は三浦海岸のほうにいって、凧揚げかな~


さてさて。
2016年最初のレシピはこちら、チキンハーブマリネード焼きです。
前回のラテン料理教室でやったメニューですが、とても簡単でおいしく、使えるレシピなのでご紹介しますね。

年末年始の料理レシピ
年末年始の料理レシピ  スパイスレシピ検索


■ 手軽でおいしい!チキンハーブマリネード焼き ■
<材料>4人分
鶏モモ肉 2枚
塩コショウ 少々
●白ワイン 大さじ2
●オリーブオイル 大さじ1
●レモン汁 大さじ1/2
●ニンニク 1片
●GABANローズマリー 小さじ1/2
●GABANエルブ・ド・プロバンス 小さじ1/2
オリーブオイル 適量

鶏モモ肉は余分な脂肪を取り除き、塩コショウをしておく。

1.鶏肉を●のマリネ液に漬け込んで30分以上おく。
2.250℃のオーブンで15~18分焼き色がつくまで焼く。

160103herbchicken_2.jpg

ほったらかしでOK、簡単!!

こんがり焼き色がつくと、表面もカリッとして中はふっくら、おいしいタイミングです。

160103herbchicken_1.jpg

酸味のきいたマリネ液に漬け込んだお肉は柔らかくとってもジューシー。

一緒にローズマリーの生があれば、一緒に焼いても飾りに添えてもきれいですね。
このときはカリフラワーを一緒に焼きました。
焼いたカリフラワーは甘くなって、とってもおいしい!


151226latinclass_8.jpg

漬け込んでオーブンで焼くだけのお手軽メニューです。
ふだんの食事のおかずにも、おもてなしにも、いいですよ。





陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2016/01/03(日) | 徒然日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

柑橘とハーブの香る。簡単!鶏肉のハーブマリネード焼き

【レシピブログの「ワインを楽しむ食卓に♪おつまみ&ごちそうレシピ」モニター参加中】

151203herb,arinechikcken_3

おはようございます。スパイス大使のquericoです。
12月に入りました。
あっという間に今年も残すところあと一月。
一年ってほんとにあっという間ですねーーー

最近レシピ投稿がお休みしがちになってしまって、すみません。
スパイス大使としても、また気を引き締めてやっていかなくてはいけませんね。

今日ご紹介するのは、漬け込んで焼くだけの簡単チキンのオーブン焼き。

爽やかな柑橘果汁をたっぷり使ったさっぱり味のチキンです。
いま新しい仕事で取り組んでいるあおみかんドレッシング(オイル入り)を使いました。
そしてハーブは、レシピブログさんからいただいたエルブ・ド・プロバンス。
これ、ローズマリーにタイムにセージにって大好きなハーブがバランスよく入っていて、とってもいい香りです。
煮込み料理だけでなく、こんな風に香草焼きにもよさそうです。

フレッシュな青みかんの酸味とハーブの香りのさっぱりチキン
作り方はとっても簡単です。忙しいときでも意外に時短できる一品ですよ。


ワインに合う料理レシピ
ワインに合う料理レシピ  スパイスレシピ検索



■ 鶏肉のハーブマリネード焼き ■
<材料>3-4人分
鶏モモ肉 400g
あおみかんドレッシング(オイル入りタイプ)☆ 50cc
☆はこちらで代用↓
☆かぼす、レモンなどの柑橘果汁 30cc
☆穀物酢 10cc
☆オリーブオイル 10cc
☆砂糖 大さじ1
☆塩 小さじ1/2くらい
かぼす、レモンなどの柑橘果汁:穀物酢:オリーブオイル=3:1:1がおいしい比率です。

GABAN エルブ・ド・プロバンス ふた振り
塩コショウ 少々

1.鶏肉は余分な脂肪を切り落とし一口大よりもやや大きめに切り、軽く塩コショウをして、あおみかんドレッシングまたは代用のマリネ液に15分以上漬け込む。オーブンを250度に余熱する。
2.天板にクッキングシートをしき1を並べ、250度で15分焼く。こんがり焼き色がつけばできあがり。

2ステップでとっても簡単!!

151203herb,arinechikcken_2

ジューシー柔らかチキンの出来上がりです。
一緒に焼いたブロッコリーもあまい!

大人も子供も喜んで食べてくれました。
娘がお肉が足りない~~って。笑
最近食べ盛りになってきて、好きなものだったら、大人と同じくらい食べるようになりました。

GABANのスパイスやハーブでいつものチキンがワンランクアップですね
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/12/04(金) | 肉のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

ストック食材を一工夫♪鮭のムニエル柚子バターソース

【レシピブログの「ワインを楽しむ食卓に♪おつまみ&ごちそうレシピ」モニター参加中】

151124salmonyuzubutter_3.jpg

おはようございます。
スパイス大使のquericoです。
深秋の3連休、みなさんはいかがお過ごしでしたか?

私は、土曜日に娘の保育園のみかん狩りに行ってきました。
とはいってもこれは下見。保護者会でやる行事なので、役員でその下見にいってきたのです。
とてもいいお天気で、本番さながらに、ばっちり!楽しんできました。


151124mikan.jpg

このたわわに実ったみかん!
木によっても味が少しずつ違うので、味見~なんていいながら、パクパク。おなかいっぱい食べちゃいました。
ここ、実は横浜市内にあるみかん園なんです。横浜でみかん狩りができるなんて、いいですよね。
横浜にお住まいの方、ぜひ、「柴シーサイド恵みの里」をチェックしてくださいね♪



さてさて。
またまた、久々のレシピのアップですみません。

今日はストック食材簡単に♪そしてハーブでワンランクアップできるおかずのご紹介。
のソテー、柚子バターソースです。
本来はレモンバターソースというところですが、国産のレモンよりも少し早く柚子が出回っていて
うちにもいただきものの柚子がたくさんあるので、レモンの代わりに柚子を使いました。

のムニエルですが、ここでハーブを少しプラス。
レシピブログさんからいただいたエルブ・ド・プロバンスで香りづけ。
いつもの焼きから、お洒落にワンランクアップですね。


ワインに合う料理レシピ
ワインに合う料理レシピ  スパイスレシピ検索


のムニエル 柚子バターソース ■
<材料>2人分
切り身 2つ
小麦粉 適量
バター 大さじ2
柚子果汁 50cc
GABAN エルブ・ド・プロバンス ふた振りくらい
付け合せに
ハヤトウリ、しめじ 各適量
塩コショウ 少々

1.に小麦粉を軽くつけ、そのうえからエルブ・ド・プロバンスを振る。ハヤトウリは皮をむいて角切りにする。しめじは石突をとってほぐす。
2.フライパンにオリーブオイル少量をひいて温め、1の鮭を皿にもったときに上になる側を下にして並べる。しめじ、ハヤトウリを回りに散らして焼く。
3.片面が色よく焼けたら裏返し同様に焼く。しっかりや黄色がついたら鮭とハヤトウリを取り出す。フライパンがこげていたら、ペーパーで軽く焦げ付きをふき取る。
4.バターと柚子をフライパンに落とし、フライパンをまわして溶かし、軽く沸騰させ火を止める。皿にもった鮭の上から流しかける。


簡単でおいしい~♪

151124salmonyuzubutter_3.jpg


写真ではよく見えませんが、爽やかな柚子バターソース、鮭にあいます。
なかなか好評でしたよ。
ハーブは、ほんの少し香る程度がいいですね。入れすぎには注意です。


151124salmonyuzubutter_2.jpg

サラダは横浜産の紫小松菜のサラダ、そしてもずくrとハヤトウリのスープでした。



151124salmonyuzubutter_4.jpg

横浜の小松菜サラダ。今日はぽん酢+ごま油+韓国海苔。
この韓国風のタレは、小松菜によく合います!!家族にも大好評です。

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/11/24(火) | 魚のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

ハーブ香る、サボイキャベツ主役のポトフ

【レシピブログの「ワインを楽しむ食卓に♪おつまみ&ごちそうレシピ」モニター参加中】

151119savoycabbagepotof_1.jpg


おはようございます。スパイス大使のquericoです。
さて11月のスパイステーマは、「ワインと楽しむ食卓に♪おつまみ&ごちそうレシピ」

11月も半ば。今日は第3週木曜日の、もしやボジョレー解禁日!
最近は以前ほどあまり騒がなくなったような気もしますが、、、
今年はどんな出来なんでしょうね~。飲んでみたくなりました。

そんなワインを楽しむ一品、今日はハーブの香る、あったかポトフをご紹介します。
今回は、スパイスブログさんからいただいた、GABANのエルブ・ド・プロバンスを使いました。
タイム、ローズマリー、セージ、バジルなどフランス料理に使うスパイスをバランスよくミックスされています。
もう~この組み合わせは最高に好き!特に、ローズマリーって、大、大、大好き!なんですよね。

そして今回ポトフの主役はなんと、キャベツ!
だいぶ前になりますが、農家朝市で買った平本さんのサボイキャベツを使いました。
チリチリした葉が特徴のキャベツで、加熱料理に向くそうです。
煮込み料理に使おうと思って大事にとってあったのですが、これがとてもおいしくできました。

大きめにカットした野菜とチキンと、塩、そしてハーブだけのシンプルなポトフ
野菜のおいしさが生きてきます。


ワインに合う料理レシピ
ワインに合う料理レシピ  スパイスレシピ検索


ハーブ香る、サボイキャベツ主役のポトフ  ■

<材料>4人分
サボイキャベツ 1/2個
鶏モモ肉 1枚
さつまいも 大1本
にんじん 1本
たまねぎ 大1個
GABAN エルブ・ド・プロバンス 小さじ1/4くらい
塩 3つまみくらい
ブラックペッパー(ホール) お好みで数粒

1.野菜はすべて大きく切る。玉ねぎは芯を残して1/4の櫛切り、サボイキャベツも同様に芯を中心に切り離さずに1/4に切る。残りの野菜も大きく切る。鶏モモ肉もやや大きめに切り、塩コショウで下味を軽くつける。
2.オリーブオイルをひいて温め、鶏肉を皮を下にして焼き、色がついたら玉ねぎを加える。油が回ったら、水3カップを加え残りの野菜を加える。このときキャベツは最後に具の上にかぶせるようにして置くと荷崩れしにくい。水に溶かすように塩、ハーブ、お好みで黒こしょうを加える。弱~中火で15分ほど煮て、火を止めて後は余熱で味が染みるように置いておく。

これでできあがり♪
私は朝作って余熱でそのまま放置して、夕飯に温めなおして出しました。


151119savoycabbagepotof_2.jpg

大きめ野菜がゴロゴロ~。
サボイキャベツが存在感あります!!
かなりやわらかくなっているので、スプーンですくっておっきな口を開けてそのまま、ぱくーっ!といっちゃいました。

今回はジャガイモではなくサツマイモを使っていますが、それがスープに甘みをひきだして、おいしい~♪

エルブ・ド・プロバンスのバランスのよい、いい~香りも。
これも、野菜がメインのときは主張しすぎないように少なめのほうがいいかもしれません。


151119savoycabbagepotof_4.jpg

煮ると柔らかくなって、野菜がたっぷり、食べれますね。
野菜のうまみと栄養が溶け出したスープまで、ぺろり。全部しっかり、食べました。

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/11/19(木) | 洋食 | トラックバック(0) | コメント(0)

パクチーたっぷり!豚肉とハヤトウリの香草炒め~疲労回復にも。

151117pakchiitame_2.jpg

パクチー
みなさんは好きですか??


151117pakchiitame_41.jpg


好きな人はめっちゃ好きで、苦手な人は絶対ダメ!
みたいに、好き嫌いの別れる野菜ですよね。

私はもちろん、大好き
日本、アジアではパクチーと呼びますが、メキシコ料理をはじめラテン料理の世界ではコリアンダー、またはシラントロといって、とてもよく使います。
生で香りを楽しんだり、またペーストにして煮込み料理に使ったりもします。
ペルー料理ではコリアンダー煮込みなんてものがありますが、パクチーの違った味が引きだされて、これもとても美味しいです。

週末の、よこはま食と農の祭典の直売コーナーで、保土ヶ谷区のフレスコさんのパクチーを買いました。
フレスコさんの野菜は、その名のとおりいつもフレスコ=フレッシュ!!
そして、野菜が元気なので、とてももちがいいんです。多少、買いすぎても大丈夫。きちんと保存しておけば、かなり長くもちます。

で、このパクチーをたっぷり使って、まずは炒め物にしました。
ハヤトウリがまだまだたくさんあるので、豚肉とハヤトウリの香草炒めです。
パクチー、そして生姜とにんにくも入れて、香味野菜たっぷりのおかず。
豚肉と一緒に食べることで、美味しいに加えて、疲労回復にもいいですね!
味付けは、オイスターソースでややしっかりめに。ごはんがすすむおかずです。


■ パクチーたっぷり!豚肉とハヤトウリの香草炒め ■
<材料>3人分
豚肉 150g
ハヤトウリ 中1/2個
パクチー 一株
生姜 ひとかけ
にんにく 1片
塩コショウ 適量
オイスターソース 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
酒 大さじ1/2

1.豚肉は食べやすい大きさに切り、酒、塩コショウで軽く下味をつけておく。ハヤトウリは皮をむいて2cm幅の短冊きりにする。パクチーは茎のほうから4cmくらいずつ切る。生姜、にんにくは粗みじん切りにする。
2.フライパンまたは中華なべに植物油、生姜、にんにくを入れて温める。香りが出たら豚肉を加え、いためる。
3.肉の色が8割程変わったら、ハヤトウリを加える。さらにパクチーの茎の部分を加える。ハヤトウリに火が通ったら、パクチーの葉のほうを加え、調味料を回しかけて、強火で一気に絡める。


あっという間にできあがり~♪
炒め物は下準備と段取りが大事です。あとは一気に作るだけ!

151117pakchiitame_1.jpg

食べてみたら、パクチーそのものの味はするのですが、全体的にはそんなに香らなかったです。
パクチーの香りを楽しむなら、生のほうが香るみたいですね。



151117pakchiitame_3.jpg

写真に全部写ってませんが、この日は祭典の直売で買った横浜野菜オンパレードの献立。
泉区の小間さんのレタス、サラダ小松菜、神奈川区小澤さんのカラーにんじん、赤大根のサラダ。
そして小澤さんのニンジンの葉っぱのガーリック炒め。
どれも野菜の味が濃くて、美味しかったです!

緑黄色野菜やら香味野菜やらいろいろ。野菜の元気をいっぱいいただきました!    
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/11/18(水) | 肉のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

素材の美味しさそのまま!カリフラワーのハーブマリネード焼き

151102kaliflower_1.jpg


11月に入って、いよいよ、寒くなってきました。
野菜もすっかり、冬野菜が出回ってますね。
そんな中で、もともとヨーロッパ生まれのカリフラワーやブロッコリーはちょうどこれからが旬!
寒さにあたって、ぎゅぎゅっとうま味が詰まったカリフラワーやブロッコリーがとても美味しいです。

カリフラワーはここ数年でオレンジや紫などカラフルなもの、ロマネスコなんていうお星様みたいな形のものなど、いろんな種類が出て、お料理も楽しくなりますね。
私もお料理にどんどん取り入れていきたいと思います。

さて、今日は、そんなカリフラワーを使った一品、ハーブマリネード焼きをご紹介します。
先日の料理教室でもとても好評だったんですよ。

151102kaliflower_3.jpg

こちらがそのカリフラワー
保土ヶ谷区の松原商店街、BIZEN Mercatoさんで販売している、
神奈川区の平本さんが作ったカリフラワーです。りっぱ!!
このお店は地元羽沢育ちというブランドの野菜を取り扱っていて、地場を中心に新鮮な野菜が手に入るので、お近くの方は要チェックですよ。

生のカリフラワーをドレッシングに漬け込んでオーブンで焼くだけ。
素材の良さを活かした、とてもシンプルな料理です。

マリネ液には、自作のあおみかんドレッシングを使いましたが、それでなくても酢や柑橘果汁と、砂糖、塩、オリーブオイルで簡単にできます。

■ 素材の美味しさを活かして。カリフラワーのハーブマリネード焼き ■
<材料>
カリフラワー 1個
オリーブオイル 大さじ4
あおみかんドレッシング 大さじ2
 またはドレッシングの代わりに★で代用
★レモン果汁+酢 大さじ3
★砂糖 小さじ1
★塩コショウ 少々
粒マスタード 小さじ1
ローズマリー 小さじ1/2
タイム 小さじ1/2
お好みでバジル

1.調味料と刻んだハーブの全部を混ぜてマリネード液を作り、カリフラワーを小房に分けて漬け込む。
2.オーブン(余熱なし)220度で15分焼く。
3.皿に盛り、天板に残ったマリネード液もかける。

ハーブはドライのものを使っています。フレッシュハーブを使うときは多少量を増やします。


少し漬け込んでオーブンで焼くだけ、簡単です!

151102kaliflower_2.jpg

酸味がまろやかに、野菜の甘さがまして、おいしい!
生をそのまま焼いているので、しっかりした歯ごたえが、またいいんです。



151024latinclass_10.jpg

こちらは料理教室で作ったときのもの。
火力の強いオーブンだったので、葉っぱも一緒に焼いたらパリパリになって美味しかったんです。
みなさんにも大好評でした。


美味しいカリフラワーやブロッコリーが出回る季節、よかったら試してみてください。
また、このマリネード焼きは季節の野菜で楽しめます。
夏は、ズッキーニやかぼちゃやナスなどもおすすめですよ。

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/11/03(火) | 野菜のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

お礼~おうちで作れるラテン料理教室・10月

151024latinclass_8.jpg

アップが遅くなりましたが、先週末はラテン料理教室でした。
10月後半だというのに夏のように暑い日で、ホット黒豆茶とホットワインを用意していたのに、、
ビールが欲しくなっちゃう陽気でしたね、、。笑
でもメインは、ハーブとスパイスをたっぷり使った手作りチョリソーで、ばっちり!ビールが合う料理でした。

menú de hoy 本日のメニュー
アペリティフ  グリューワイン ~Glühwein ~
ガージョピント(ニカラグアの豆ごはん) ~Gallo pinto~
手作りチョリソー ~Chorizo~
7種の野菜とキヌアのミネストローネ 
カリフラワーのハーブマリネード焼き
横浜野菜のサラダ 青みかんドレッシング
季節のデザート パンプキンシュークリーム



151024latinclass_1.jpg

そして今回も横浜の旬の野菜をたっぷり使っています。
栄区矢島農園さんのルッコラ、グリーンカール、サラダほうれん草、カラーにんじん、紫大根、
神奈川区平本さんのカリフラワー、神奈川区小澤さんのニースロングなどなど。


151024latinclass_2.jpg

そしてチョリソーに入れるハーブはフレッシュなセージ、ローズマリー、そしてドライのタイム。


151024latinclass_3.jpg

チョリソーは、豚挽肉にこうしてハーブとスパイスをたっぷり混ぜ込んで、寝かせます。



151024latinclass_5.jpg

カリフラワーはあおみかんドレッシング+ハーブでマリネしました。


炊飯器でガージョピントは炊飯器で炊いて。
サラダとスープ、そしてチョリソーが焼けたらできあがりです。


151024latinclass_8.jpg




151024latinclass_13.jpg

アペリティフのグリューワインは、ドイツのホットワイン。
オレンジとシナモン、クローブ、砂糖を加えて温めます。とてもいい仕上がりでした。



151024latinclass_9.jpg

チョリソーハーブ入りと、カイエンペッパーを加えたスパイシーなものと2種類。
パンチのあるスパイシーがみなさんには人気でしたね。

そしてガージョピントには半熟の目玉焼きとアボカドの付け合せが定番です。



151024latinclass_10.jpg

オーブンで焼いたカリフラワーはカリッとした葉っぱまでおいしい!



151024latinclass_12.jpg

紫大根のピクルス♪
私の大好きなカブや大根のピクルスがおいしい~季節がやってきました。



151024latinclass_14.jpg

おなかいっぱいでもデザートは別腹♪

ハロウィンの月なので、かぼちゃのデザートです。
パンプキンカスタードシュークリームです。
チョコシューの中にかぼちゃのカスタードクリームを詰めました。
子どもにも大人にも喜ばれるお菓子


ティータイムはおしゃべりの続きに花が咲いて、、、楽しいひとときでした。

参加してくださったみなさん、ありがとうございました


来月11月はお休みさせていただきまして、次回は12月26日って、、、年末ですね。(^^;
ラテン料理で年忘れ!やりましょう~

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/10/29(木) | 料理教室 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »