横浜産パプリカでラテン飯☆パプリカの肉詰め~Pimenton relleno~

150910_pimentonrelleno_2.jpg

ここのところ、雨、よく降りますね。。。
台風の足が予想以上にゆっくりなんでしょうか。珍しく、ずっと降り続いています。
娘の保育園では、運動会の練習が外でできずに、力を持て余しているところでしょうね、、、。笑

そうなると、野菜もなかなかよいものができず、、、農家さんもたいへんですね。
野菜の値段もいっきに上がってしまって、主婦もたいへんですよ。って思いっきり主婦目線!笑


さてさて。今日は、久しぶりにラテン料理をご紹介します。

前回の料理教室で作ったメイン料理、パプリカ肉詰めです。

日本では、ピーマンの肉詰めがありますが、あれはハンバーグのような生のタネを入れて焼きますが
こちらはすでに炒めた具を詰めてオーブンで焼きます。さらに、オリーブやチーズ、レーズンなど、ラテンぽい食材も入れて具だくさん、とっても豪華ですよ。

この料理教室で使ったパプリカはなんと横浜産!
港北区の小山さんが作ったパプリカは、とーーっても肉厚で、味も濃いんです。
焼くとさらに、甘みもでます。
今回はそのパプリカを焼いてマリネと、そして肉詰めに使いました。
どちらもパプリカのおいしさを引き出して、とってもおいしくできました。

それでは、レシピです。

パプリカ肉詰め~Pimenton Relleno~ ■

<材料>4人分
合挽き肉 200g
玉ねぎ 1個
にんにく ひとかけ
クミンパウダー 小さじ1
チリパウダー 適量
塩・こしょう 適量
パプリカ 4
茹で卵 1個
レーズン 8粒
ピーナツ 大さじ1
オリーブ 4粒
クリームチーズ 4切れ
スライスチーズ 2枚
生クリーム 200cc

【下準備】
にんにく、たまねぎをみじん切りにする。
茹で卵を作り、4等分に切る。
ピーナツは粗く刻む。
パプリカはヘタと芯と種を取り除く。皮が厚く硬い場合は、軽く茹でておく。

【作り方】
1.鍋に植物油(分量外)を温め、にんにくを加えて香りが出たら、たまねぎ、クミン、チリパウダーを加え炒める。
2.合挽き肉を加える。(9割ほど炒めたところで火をとめる)
3.2にピーナツ、レーズンを混ぜ、をバットに広げる。
4.パプリカに3を少し入れ、続いて茹で卵、クリームチーズ、オリーブを入れて合間に3を詰める。一番上に半分に切ったスライスチーズをのせる。グラタン皿に並べ、周りに生クリームを注ぐ。
180~200℃のオーブンで20~25分焼く。パプリカが柔らかくなり、チーズが溶けて焼き色がついたらできあがり。

150910_pimentonrelleno_1.jpg
こちらは、オーブンで焼いているところです。
チーズがとろーり。生クリームもほんのり色がついていい~感じです。
へたの周りの部分も蓋にして、焼いてみました。


15分ほど焼いて、できあがりました!!

150822latinclass_10.jpg

こんがり。


150822latinclass_11.jpg

中を切ると、肉汁がジュワ~~。

中身がぎっしり!!

パプリカも肉厚で、かなり食べ応えがあり!

肉詰めに、クリームをつけて食べて、最後はごはんにクリームをかけて、ぺろりと完食でした。


こんなお洒落なパプリカの肉詰め

おもてなしにもいいですね
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑
スポンサーサイト

2015/09/10(木) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(1)

お礼~おうちで作れるラテン料理教室・8月

150822latinclass_5.jpg

先々週末に開催したおうちで作れるラテン料理教室のご報告です。
ずいぶんとこちらの更新が空いてまって、すみませんでした。m(__)m


今回も、横浜の野菜たっぷり!ご紹介させていただきました。

150822latinclass_1.jpg

この日の主役は、横浜産のパプリカ
港北区の小松菜農家の小山さんのパプリカです。
真っ赤に色づいたl小山さんのパプリカは、輸入物とは比べ物にならないくらい、肉厚!そして、味が濃い!

小山さんの小松菜、オクラも、とっても瑞々しいです。
そしてもうひとつの主役は横浜産の青みかん。
みかんを横浜で栽培しているのは、たぶんあまり知られていないと思いますが、
横浜市金沢区の柴という地域には、みかん農園があるのです。
これは、その柴シーサイドファームの小山さん(こっちも小山さん。笑)の果樹園のみかんです。
今の時期は、青くてゴルフボールくらいに小さいんです。これを青みかん、摘果みかんなどと呼ぶのですが、
とっても酸っぱくて、清々しい香りがします。
今日はこの青みかんをカクテルと、そしてドレッシングで味わいました。

menú de hoy 本日のメニュー
アペリティフ 青みかんのモヒート ~Mojito con mandarida verde~
パプリカの肉詰めラテンスタイル ~Pimentón Relleno~
キヌアと冬瓜のスープ ~Sopa de quinua con tougan~
焼きパプリカと茄子のマリネ  
カボチャとアーモンドのサラダ ~Ensalada de carabaza~
小松菜サラダ 青みかんドレッシング
季節のデザート ピーチヨーグルトアイス



150822latinclass_2.jpg

瑞々しいオクラは、サラダとスープの浮き実に。
シャキシャキ、そして噛んだときの粘りがあって、生でもとてもおいしかったです。



150822latinclass_3.jpg

これは青みかんの輪切り。
とってもきれいでしょ!
柚子やかぼすと違って種が全くないところも、とても使いやすくていいんです。


150822latinclass_6.jpg

このフレッシュな果汁とミントを使ったカクテル、モヒートの完成です。
すべて生。香りからして違います!これは、贅沢ですね~。



150822latinclass_10.jpg

できあがったパプリカの肉詰めは、ちょうどよい焼き上がり。
上はチーズがとろーり。


150822latinclass_11.jpg

切ると、中はひき肉にレーズンやナッツ、茹でたまご、クリームチーズ、そしてとろけるチーズに、ブラックオリーブと贅沢です!



150822latinclass_9.jpg

かぼちゃとアーモンドのサラダはしっとり。かぼちゃの自然な甘さが生きています。

焼き茄子と焼きパプリカのマリネは、焼いて皮を剥いた野菜と甘酸っぱいマリネ液がとても合います。



150822latinclass_12.jpg

デザートは、ピーチヨーグルトアイス。
旬の甘ーい桃を贅沢に使ったアイスです。バナナの風味もいい感じです。
ミントを添えると見た目もきれいで、さっぱりしますね。


楽しいお喋りとともに、完食でした。笑

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
新鮮でおいしい野菜を提供してくださった農家のみなさんありがとうございました!!


陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/09/02(水) | 料理教室 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |