スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

再会?私のルーツでもある・・・

今日、SINGOさんのライブで行ったラテン文化サロン CAFE y LIBRO

実は、足を運んだ理由はもうひとつあった。

彼のライブがあるのを知って、CAFE y LIBROのHPをチェックしていたら、
“Sharing”という、ラテンの料理の3ヶ国語のレシピ本があるではないか!

おおー!じー

興奮して見てみたら、その著者が、ルエダ・デ・レオン礼子さん。
どこかで聞いた名前?
で、すぐに思い出した。
ルエダ・デ・レオン先生は、私が大学1年のときに受けたスペイン語の教授。
礼子さんは、その奥様に違いない!

彼女に会ってみたいと思い、ライブの開始よりも少し早めにサロンに行った。
やっぱり、そうだった。
ルエダ・デ・レオン先生は数年前に他界され、礼子先生が彼の意思を受け継いでこのサロンの創設したというと。

私がラテンの世界に足を踏み入れたきっかけは、大学のスペイン語。
言ってみれば、ルエダ・デ・レオン先生は私のラテンのルーツを作った一人である。

こんなところで、こんな形で再会ができるとは。。。さとと-キラキラピンク

早速、レシピ本を購入。
おおー。これは素晴らしい!
メキシコ、ベネズエラ、アルゼンチン、エルサルバドール、USA、日本。
各国の女性が家庭料理を紹介している。

わー!これはいいぞ!というのを発見。
早速、7月のイベントで一品追加かな?OK 

さらに驚いたことに。
ここでレシピを紹介している方の中に、私のスペイン語の恩師、北村光代先生が載っているではないか!
北村先生は、2年以降に授業を受けたスペイン語の教授。
(先生はハーブ研究家を経て現在イタリア料理が専門となり、日伊の食文化交流に忙しく活躍されている。)

当時先生の授業は、スペインのスペイン語ではなく、中南米のスペイン語で、メキシコ文化と絡めて教えてくれた。
それが、私がラテンの世界にはまっていった、きっかけなのだ。
メキシコに憧れ、メキシコに行ったら、もっとマヤの文化を見たくなって、さらに南へ、、、。
こうして、とうとう南米のチリまで行っちゃった、というわけなのよね。

Que Chico del Mundo!

SINGO ライブ in Cafe y Libro サルサ 



さらに。
このサロンのスペイン語教師、コロンビアーノのエクトルともアミーゴに。
私がなぜ、いかにコロンビアが好きかを話したら、わかってくれた。

ああ~、それにしても私の拙いスペイン語。これじゃあ、いかんなあ。大汗


そんなこんなで。
いろんな思いが通じた、いい日だったな。絵文字名を入力してください
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑
スポンサーサイト

2009/06/22(月) | 徒然日記 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。