FC2ブログ

ペルーの贅沢エビのチャウダー チュペ・デ・カマロネス

150221latinclass_6.jpg

登場してしまいました!チュペ・デ・カマロネス 

先日のラテン料理教室で作ったペルー料理です。
チュペ Chupe はチャウダー風のスープのこと。カマロネス Camaronesは、海老のことで、言ってみれば、海老のチャウダー風という感じですね。
大きな海老のうまみを存分に引き出した贅沢なスープです。

海老のスープというとシーフードのスープという印象ですが、本来は、アレキパという山岳地帯の名物料理で、あちらでは川海老を使うそうです。
そしてペルー料理ならでは、アンデス原産のじゃがいも、そしてアヒ・パンカという唐辛子のペーストが入るところが特徴的ですね。

こちらでご紹介する作り方は、いくつかのレシピを研究して、Querico流の自信作です。笑
海老の殻から丁寧にだしをしっかり取って、エキスをたっぷり使うことで、うまみたっぷりのスープができあがります。

それではレシピです。

■ Querico流 チュペ・デ・カマロネス ~Chupe de Camarones~ ■

<材料 4人分>
有頭エビ 8尾
エビ(だし用) 適量(10~16尾くらい)
にんにく 1片
玉ねぎ  1/2個
オリーブオイル 大さじ1
Aji panca(アヒ・パンカ) 大さじ1
パプリカパウダー大さじ1
トマト缶 200g
水 600cc
ジャガイモ  1個
グリーンピース(冷凍) 60g
ブロッコリー 60g (季節がら入れましたがなくてもOK)
ごはん50g
クリームチーズ 50g
オレガノ(乾燥) 小さじ1
塩  小さじ1
生クリーム 100cc
お好みでポーチドエッグ、レモン適量

<下準備>
エビの下処理。塩と片栗粉をまぶして軽く洗い、有頭エビは頭と足、背綿だけとり殻はつけたまま、ダシ用のエビの殻は外して600cc分のだしをとる。
玉ねぎ、にんにくは粗く刻む。

<作り方>
1.鍋にオリーブオイル、刻んだにんにくと玉ねぎを入れて炒め、香りが出たらアヒ・パンカ(好みで鷹の爪も)、パプリカパウダーを加えて炒める。
150306chupedecamarones_1.jpg

2.有頭エビを加え、エビは赤くなったら一度取り出す。ここにトマト缶とエビのだし、ジャガイモを加えて10分ほど煮る。
150306chupedecamarones_2.jpg

3.ジャガイモに火が入ったら、エビを戻し入れ、グリーンピースとごはん、クリームチーズを加える。温まったらオレガノをふり、塩で味を調え、生クリームをまわしかける。
150306chupedecamarones_3.jpg

4.器に盛り、ポーチドエッグをのせる。お好みでレモンを絞って食べる。


完成です!!
Vamos a comer!!!
150221latinclass_6.jpg

ポーチドエッグがのってボリュームアップ&さらにクリーミー♪
エビのダシがきいていて、うまうま~!!です。

じゃがいも、ごはんなども入っているので、かなりボリュームあり。そして温まります。

アヒ・パンカというペルーの唐辛子ペーストは、それほど辛くありませんでした。
全体的にクリーミーな味で、最後にピリリとくる程度です。

アヒ・パンカは、主にキョウダイ・マーケットという南米食材専門店で扱っていますが、ネットでも買えます。→※


贅沢な具材で見た目もきれい。おもてなしにもいいですね。
あ、ちなみにこの料理は、ペルーでもちょっとお高めなレストランなどで出すメニューで、安い食堂にはありません。

あ~。私もまた食べたくなっちゃいました。

¡Que rico es chupe de camarones, Vamos a cocinar!
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/03/06(金) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(2)

お礼~おうちで作れるラテン料理教室2月~

150221latinclass_9.jpg

久しぶりのアップになってしまってすみません。m(__)m
先週土曜日は、おうちで作れるラテン料理教室でした。
今回も和やかに楽しく、そして美味しく、みなさんと一緒にラテン料理を作ることができました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。


本日のメニューです。
アペリティフ ホット生姜はちみつ梅酒
チュペ・デ・カマロネス ~Chupe de Camarones~
鶏肉のホットセビチェ ~Cebiche de Pollo~
横浜産キャベツのザワークラウト風 ~ Sauerkraut facíl~
ブロッコリーのクリームチーズ和え 
地元野菜のピクルス
季節のデザート 夏蜜柑マーマレードのパウンドケーキ

今回のメインは、チュペ・デ・カマロネス
ペルーのアレキパという地方で食べる料理で、本来は河海老を使うそうです。
エビのチャウダースープといったところでしょうか。エビのうまみたっぷりの贅沢なスープです。
そしてペルー料理ではお馴染みのセビチェですが、今回は温かくしていただきます。
ザワークラウト風は、旬の冬キャベツがモリモリ食べれる一品です。



150221latinclass_1.jpg

今回も横浜を中心に地元の野菜をたくさん使っています。
保土ヶ谷区苅部農園さんのキャベツ、じゃがいも、にんじん、ブロッコリー、
湘南産の赤カブ、栄区矢島農園さんの夏蜜柑など。



150221latinclass_3.jpg

キャベツを丸ごと1個近く使って作った簡単、ザワークラウト風。
発酵させないでお鍋でさっと炒めて蒸し煮にしました。



150221latinclass_2.jpg

こちらは、鶏のホットセビチェ。
セビチェというと普通は冷たいソースですが、これはソースをかけて蒸して温かくして食べるもの。食材もいつもと違う組み合わせです。



150221latinclass_5.jpg

メインのチュペ・デ・カマロネスができあがってきました。
エビの殻でとったダシを使っているので、うまみたっぷりです。


さーて、ようやく全部ができあがりました。

150221latinclass_9.jpg




150221latinclass_6.jpg

チュペ・デ・カマロネスは、とてもきれいにできあがりました。
最後にポーチドエッグをのせてボリュームアップ。
エビのうまみたっぷり、濃厚でクリーミーな仕上がりのスープにほんのちょっぴり辛味がきいています。




150221latinclass_8.jpg

ザワークラウト風に、苅部大根、赤カブ、にんじんのピクルス。




150221latinclass_7.jpg

菜の花とブロッコリーのクリームチーズ和え。
冬野菜と春野菜のコンビですね。



150221latinclass_10.jpg

鶏手羽先のホットセビチェは、アボカドも添えて彩りよく。
コリアンダーの香りも好きです。



150221latinclass_11.jpg

デザートは、夏蜜柑マーマレードのパウンドケーキ。
矢島農園の無農薬夏蜜柑のマーマレードたっぷりです。



おしゃべりも楽しく、和やかなランチタイムでしたね。

美味しい野菜を提供してくださった生産者のみなさん、ありがとうございました。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

来月は3月28日に開催いたします。どうぞお楽しみに
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/02/28(土) | 料理教室 | トラックバック(0) | コメント(2)

お礼~おうちで作れるラテン料理教室12月~

141220llatinclass_7.jpg

土曜日は、今年最後のおうちで作れるラテン料理教室でした。
雨も途中から降り出したとても寒い日でしたが、お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

今回のテーマは、ラテン料理 de お正月
ラテン風にアレンジしたお寿司やなますを作りました。
それから、南米の国民的スナックエンパナーダを小さくおつまみ風にアレンジした、エンパナディータ。
今回も盛りだくさんの内容でしたね。(^^♪


本日のメニューです。

アペリティフ 生姜入りホットスパイシーワイン
エンパナディータ ~Empanaditas~
カリフォルニアロール コマツネーゼソース添え ~California Roll~ 
里芋のポタージュ
ラテン風紅白なます
よこはま野菜のサラダとピクルス
季節のデザート スイートポテトアップルタルト


141220llatinclass_1.jpg

そして今回も地元横浜の野菜をたくさん使っています。
保土ヶ谷区苅部農園さんの苅部大根、にんじん、もものすけカブ、キャベツ、
神奈川区小澤農園さんの里芋、紅大根、さつまいも(紅はるか)。
横浜産の小松菜、ねぎ。
どんな料理に変身するのかな??

141220llatinclass_2.jpg

さらに、アボカドも主役のひとつだったので、今回は”王様のアボカド”という高級なアボカドを使ってみました。
1個300円!
ほっ。なるほど。期待を裏切らないきれいでおいしいアボカドでした。笑



141220llatinclass_4.jpg

今回はカリフォルニアロールとくことで、難しい裏巻きに挑戦。

141220llatinclass_3.jpg

こんな風にして、くるくるーっとね。
最後に巻き簾でぎゅぎゅっとしめて形を整えます。
一人1本ずつ巻きましたが、みなさんとっても上手! (さすが、主婦のみなさんね。。。)



141220llatinclass_5.jpg

エンパナディータの中身は、チリやオリーブ、レーズンなどが入ってラテン風。
これを餃子の皮で包むんです。


141220llatinclass_6.jpg

ラテン風の包み方をみんなでやりました。楽しかったですね。
そして揚げるとこんな風に、簡単に、きれいに揚がります。


スープもサラダもできて、ようやく盛り付けが完成しました。

141220llatinclass_7.jpg


さて、いただきましょう♪


141220llatinclass_15.jpg

アペリティフは生姜入りホットスパイシーワイン。
赤ワインにオレンジ、クローブ、シナモン、はちみつを加えて煮込んだ、スパイスたっぷりのワイン。
これはおいしかったなぁ~。家でまた作ってみたいです。




141220llatinclass_10.jpg

メインディッシュはこちらです。


141220llatinclass_9.jpg

ロールの中身は2タイプ。
カマンベールチーズ+アボカド+柚子こしょうソースのほうが人気でしたね。
コマツネーゼソースを添えていただきます。



141220llatinclass_8.jpg

里芋のポタージュ。
味噌仕立てのやさしい味とクリーミーな食感が、みなさんおいしい!と大好評でした。



141220llatinclass_11.jpg

ラテン風紅白なます。
日本のなますと違ってワインビネガーを代わりに使って砂糖は控えめ。
香り付けにハーブを加えて、彩りよく仕上げました。
苅部大根とにんじんの歯ごたえと味が、最高です。



141220llatinclass_12.jpg

もものすけカブ。
生と塩レモンのドレッシングをかけたものと、ピクルス漬けを食べ比べていただきました。
生のほうが食感がいいと、好んだ方が多かったです。



141220llatinclass_13.jpg

あれ??
なぜか一人だけ、普通の海苔巻き~~。笑



141220llatinclass_14.jpg

季節のデザートは、スイートポテトアップルタルト。
お正月というテーマだったので、きんとんをイメージしてさつまいもを使った焼き菓子にしました。
紅はるかというさつまいもがとーっても甘くて、その自然な甘さを活かしました。
りんごのソテーと2層になっています。


お腹いっぱい~といいつつ、甘いものは別腹でみなさんぺろり。
ティータイムはおしゃべりも弾んで、とても楽しかったですね。


おいしい野菜を提供してくださった生産者のみなさん、ありがとうございました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

たくさんの方にお世話になって今年一年続けることができました。本当にありがとうございました。

来年もどうぞ、よろしくお願いいたします。





12月12日発売!私のレシピも2品掲載いただきました。
300x250.jpg
見かけたらぜひ、お手にとってみてください♪



陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/12/22(月) | 料理教室 | トラックバック(0) | コメント(0)

お礼~おうちで作れるラテン料理教室11月~

141115latinclass_7.jpg

土曜日は、おうちで作れるラテン料理教室でした。
今回はいつもにもまして、手づくりの作業が多くて、わいわいと賑やかなクラスでしたね。
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました


そうです。今回はなんと、トルティーヤを粉から作りました。

141115latinclass_1.jpg

そんなわけで、主役はこちら。
コロンビアの友人から送ってもらったマサ(とうもろこしの粉)と、メキシコトルティーヤプレスです。
ワカモーレも作るのでアボカドやトマト、そしてコリアンダーもあります。


それでは、本日のメニューです。
アペリティフ トロピカーナ・スパークリングワイン
エンチラーダス・ロハス ~Enchiladas Rojas~
メキシカンライムスープ ~Sopa de lima~
ワカモーレ ~Guacamole~
小海老とカリフラワーのアーリオ・オーリオ
小松菜とほうれん草のサラダ キヌアドレッシング
紅くるりとカラーニンジンのピクルス
季節デザート 栗のロールケーキ de Merry Christmas☆ 



私の料理教室ではいつも、”ラテン料理とよこはま野菜のコラボレーション”をテーマにしています。
今回もまた、地元横浜の野菜がたっぷりです。
神奈川区小澤さんの紅くるり大根、カラーニンジン、紫小松菜、赤軸ほうれん草、ラディッシュ。
神奈川区有田さんのカリフラワーを使いました。



141115latinclass_2.jpg

エンチラーダメキシコ料理の定番のひとつ。
今回はエンチラーダス・ロハス Enchiladas Rojasという、一番ポピュラーな赤いエンチラーダです。
本場メキシコのチレと鷹の爪、そしてトマトをたっぷり使います。


141115latinclass_14.jpg

すべてをミキサーにかけて、あとはじっくり煮込みます。
見るからに、辛そうな色でしょう?笑



141115latinclass_3.jpg

こちらは、ワカモーレというアボカドのディップを作る基本となるサルサ・メヒカーナです。
きれいにできました。コリアンダーとハラペーニョが入ると一気にメキシカンな香りですね。


さて、これからがいよいよトルティーヤ作りです。

141115latinclass_4.jpg

粉と水と塩をあわせてこねこね。。。


141115latinclass_15.jpg

まあるく丸めたら、プレスでつぶして薄く伸ばします。
機械なので、これを使うと、とてもきれいに丸くなります。


141115latinclass_5.jpg

伸ばしたトルティーヤを、フライパンでこんがり焼いて、、、。
とうもろこしの香ばしいかおりです。
やっぱりトルティーヤはコーンでなくちゃ・・・!


141115latinclass_6.jpg

焼いて、さらにそれを油通ししてソースをさっと絡めたら、具を包みます。
これであとはソースをかけるだけ。ほぼ完成です!


さーて、ようやく出来上がりました。
ランチタイムです♪

141115latinclass_7.jpg



141115latinclass_8.jpg

メインのエンチラーダス・ロハス。
ソースをたっぷりかけたら、チーズとラディッシュを飾ります。
ターメリックライスとの色合いもいいですね。



141115latinclass_9.jpg

サイドにいつもの、ピクルス。今回は紅くるり大根、カラーニンジンです。
そして、黄色いカリフラワーと、にんじんの葉のアーリオ・オーリオ。
にんにくと唐辛子がきいています



141115latinclass_11.jpg

メキシカンライムスープ。
スープにアボカドが入っているのがみなさん、新鮮だって。
ライムの代わりに、国産のレモンをぎゅっと絞りました。
トルティーヤをひたして食べるのがメキシコ



141115latinclass_10.jpg

地元横浜の野菜もたっぷりどうぞ。
紫小松菜、赤軸ほうれん草、ニンジンどれも生です。葉ものはやわらかくて、とても味が濃い!
アンデス原産のスーパー雑穀、キヌアのドレッシングをかけました。



トルティーヤっておなかにたまる。野菜もスープもたっぷりで、今日もおなかいっぱい~。笑

でも、デザートは別ばらですね。


141115latinclass_12.jpg

栗のロールケーキ de Christmas
ケーキのスポンジは紅茶風味。そして中に、栗の渋皮煮を入れました。



141115latinclass_13.jpg

コーヒーとともに。



今回は作業も多くてたいへんでしたが、みなさんとても手際がよくて、助かりました。
楽しく、そして美味しくできましたね。

生産者のみなさん、新鮮で美味しい野菜をありがとうございます。
参加されたみなさん、楽しいひとときをありがとうございます。

来月は12月20日です。
また、おうちで作れるラテン料理教室でお会いしましょう
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/11/19(水) | 料理教室 | トラックバック(0) | コメント(0)

お礼~イチスイ、ちょいラテンカフェ 11月

141105latincafe_1.jpg

水曜は、最後のイチスイ、ちょいラテンカフェでした。
たくさんの方が入れ替わり立ち替わり、たくさんの方がお越しくださいました。
本当に、本当にありがとうございました

当日のメニューです。

エンチラーダ ~Enchiladas rojas~
ターメリックライス
カリフラワーと小海老のアーリオ・オーリオ
そうめんかぼちゃのスープ味噌仕立て
ルッコラとコーラルリーフのサラダ
横浜野菜のピクルス



地元の野菜は、神奈川区の小澤さんのカボチャと
紅くるり大根、カラーニンジン、平本さんの黄色いカリフラワー。
栄区矢島農園さんのルッコラとコーラルリーフを使いました。

お野菜の味が濃くておいしい!との評判でした。
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

141105latincafe_4.jpg

エンチラーダ ~Enchilada 
コーントルティーヤが香ばしい、メキシコ料理です。
本場メキシコのチレ(唐辛子)たっぷりのソース。コクがあって、後からじわじわとひく辛さ。
メキシコ料理ならではの味です



141105latincafe_3.jpg

小海老とカリフラワーのアーリオ・オーリオ、そして
紅くるり大根、カラーニンジンのピクルスです。

甘酸っぱくて歯ごたえのいい大根とにんじんのピクルスは、ちょうどいい箸休めに。



141105latincafe_2.jpg

ルッコラとコーラルリーフのサラダ。
矢島農園さん自慢の朝採りのルッコラとコーラルリーフ。
シャキシャキで、ほろ苦さがいい!
マヨ+バルサミコ酢のドレッシングが合います。
柿と、ローストした胡桃とアーモンドと散らしました。



かぼちゃのスープは、全く残らなくて、写真を撮れませんでした。m(__)m
あまり甘くないかぼちゃだったので、ポタージュから変更して、味噌仕立てのスープにしてみたら、
これが意外に好評でした。(^^♪



141105latincafe_5.jpg

デザートの焼き菓子。
バナナと胡桃のパウンドケーキはしっとり。
お子ちゃまにおすすめです

グラノーラ入りのオートミールクッキーはざくざく。
こっちは大人向け。コーヒーのお供に


本当に、これで最後だなんて、さみしい。。。

いつかまたどこかでオープンして、みなさんにお会いできたらと思います。


本当に、ありがとうございました。
そして、またお会いできる日を楽しみにしています

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/11/08(土) | ラテンカフェ | トラックバック(0) | コメント(0)

中米ニカラグア家庭の味。ソパ・デ・アルボンディガ

141102sopadealbondiga_3.jpg

¡Hola!
今日はラテン飯のご紹介です。

先日料理教室で作った、ソパ・デ・アルボンディガ Sopa de Albóndigaをご紹介します。
アルボンディガというのは、中米でいう肉団子のことなのですが、これがマサ=とうもろこしの粉をつなぎ、ほぐした鶏肉を入れる肉団子なので、日本の肉団子のイメージとは大違い。
生徒さんからも、これは、すいとんみたい?なんて感想もありました。笑
粉がベースのお団子が入ったスープなので、けっこうお腹にたまります。

このアルボンディガ、とうもろこしの香ばしさ味があって、けっこう好評でした。
レシピは、私がニカラグアにいたときにお手伝いさんから習った直伝のレシピと、スペイン語のレシピで調べたレシピを合わせてアレンジしました。
では作り方です。


ニカラグアの家庭の味。ソパ・デ・アルボンディガ ■
<材料>4-6人分

トリ胸肉 1枚
水 1000CC  →鶏を1Lの水から煮出す

A)スープ
鶏だしのスープ 800cc
玉ねぎ 1/2個(1cm角)
ピーマン 1個(1cm角)
トマト 1個(1cm角)
レモン汁 大さじ2
鶏肉 適量
カブ 1個(2~3cm角)
かぼちゃ 100g (2~3cm角)

にんにく 1片(微塵切り)
クミンパウダー 小さじ1
アヒ・アマリージョ 大さじ1/2
パプリカパウダー 小さじ1
オレガノ 少々
塩 小さじ1弱
コショウ 少々

B)アルボンディガ(肉団子):
裂いた鶏肉 100g
マサ 80g
スープ 約100cc
レモン汁 少々
ピーマン 1/2個(微塵切り)
玉ねぎ 1/4個(微塵切り)
卵 1/2個
塩 少々

<下準備>
・1Lの水で鶏肉を煮出しスープを作る。水から煮て沸騰したら弱火で15分煮る。鶏肉をだしてスープは漉す。鶏肉を裂いて小さくほぐす。
アルボンディガに入れる玉ねぎとピーマンは微塵きりに切る。スープに入れる野菜はかぼちゃとかぶは2cm角に、それ以外は1cm角に切る。

<作り方>
1.アルボンディガのたねをつくる。ボウルにマサとスープを入れて混ぜ、続いてBの材料をすべて入れて捏ね、ひとまとめにする。
141102sopadealbondiga_4.jpg

2.スープを作る。なべにオリーブオイルと刻んだにんにくを入れて温め、香りが出たらクミン、アヒ・アマリージョ、パプリカパウダーを加えて軽く炒める。2cm角に切ったたまねぎとピーマンを加え、続いてスープ(足りなければ水を足して)、かぼちゃを加え沸騰したら、食べやすい大きさに切った鶏肉、トマト、オレガノを加えて5分ほど煮る。
3.1のたねをゴルフボールほどの大きさに丸めて2のスープに入れる。15分煮て、完全にアルボンディガが浮いてきたらOK。塩コショウで味を調え、最後にレモン汁をかける。
141102sopadealbondiga_5.jpg
10分くらい煮ると、アルボンディガが浮いてきます。

できあがりです。
アルボンディガは、この分量でだいたい8個できるので、ひとり2個くらいがちょうどいいでしょう。


141102sopadealbondiga_2.jpg

この日のメニューも、野菜盛りだくさんでした。


141102sopadealbondiga.jpg


こちらは家で作った試作。
私のレシピのオリジナルの部分は、ペルーの黄色い唐辛子アヒ・アマリージョを入れること。
本場ではそれほど辛くないと思います。

最後にライムやレモンなどをぎゅっと絞るのを忘れずに。
酸味が加わると、さっぱりして美味しくなります。


スープが恋しくなる季節。
こんなラテンなスープもいかがでしょうか?


陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/11/02(日) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(0)

お礼~おうちで作れるラテン料理教室10月~

141018latinclass_11.jpg

土曜日はおうちで作れるラテン料理教室でした。
いつものようにわいわいと賑やかで楽しいクラスとなりましたね。
参加してくださったみなさんありがとうございました

本日のメニューです。
アペリティフ 青蜜柑を浮かべたワインクーラー
ソパ・デ・アルボンディガス~Sopa de albondigas~
バターナッツかぼちゃの3色グラタン
京芋のフリット 
甘長唐辛子と茄子のマリネ
よこはま野菜のピクルス
季節のデザート バターナッツかぼちゃのプリン



141018latinclass_02.jpg

私の料理教室では、”ラテン料理とよこはま野菜のコラボレーション”をいつも根幹においています。
今回も、いつもにまして地元横浜野菜がたっぷりです。
港北区小山さんのバターナッツかぼちゃ、緑区佐藤さんの京芋とセロリ、
神奈川区小澤さんの紅くるり大根と甘長唐辛子、栄区矢島農園さんのルッコラとコーラルリーフ。
秋らしい野菜もいろいろ。新鮮で色鮮やかでしょう



141018latinclass_04.jpg

メイン料理のひとつめ、バターナッツかぼちゃの3色グラタンです。
これ、3層になっていて、下からごはん、挽肉、かぼちゃのグラタンソースとなっています。
おもしろいでしょう?♪


141018latinclass_10.jpg

以前に作ったパステル・デ・チョクロというチリの料理をヒントにして作ったオリジナルのレシピです。
お肉の層には、挽肉のほかにオリーブやレーズンなども入っていてスパイスもたっぷり。
ラテンの風味と食感が楽しいです。
上の層は、かぼちゃの自然の甘さでクリーミー。ゆるさもちょうどよくきれいに焼けました。




141018latinclass_05.jpg

メインの二つ目は、ソパ・デ・アルボンディガスという中米で食べられている料理。
ニカラグアにいたときにおうちのセニョーラから習った直伝のレシピをもとに作りました。
アルボンディガというのは、肉団子のことなのですが、中米で食べられているそれは、
マサという、とうもろこしの粉をベースに作っていて、肉団子というよりは、具だくさんのすいとんみたい?
炭水化物いっぱいでお腹にたまるスープです。笑
作り方もとってもユニークでおもしろいですよ。




141018latinclass_06.jpg

野菜のサイドディッシュも野菜たっぷり~♪
矢島農園さんのルッコラとコーラルリーフは最近のお気に入り。
パリパリの歯ごたえにピリリと辛味と苦味があって、とっても美味しいんです!
上に胡桃とアーモンド、柿も散らしてみました。マヨ+バルサミコ酢のドレッシングが合います。




141018latinclass_09.jpg

今が旬の京芋。それをブラジル料理のマンジョッカのフリットにみたてて、揚げてみました。
衣に、マンジョッカ(タピオカ)の粉を使っているのがラテン風でしょ?
マンジョッカよりもちょっとねっとりした食感になりましたね。



141018latinclass_08.jpg

今回もまたピクルスたくさんになっちゃいました。♪
佐藤さんのセロリは特にイチオシ。味がとっても濃くて、シャキシャキの歯ごたえがたまらない!
ほか、きれいに漬かった紅くるり大根。生でも美味しいバターナッツ、そしてカブです。

甘長唐辛子と茄子はマリネにしてみました。
辛味がほしかったので、葉唐辛子も混ぜてマリネしてみたら、いいバランスになりました。




141018latinclass_07.jpg

そうそう、アペリティフも。
今回はシンプルに、ワインのソーダ割り。青蜜柑の氷が浮いているところがお洒落でしょ♪




141018latinclass_01.jpg

デザートは、バターナッツかぼちゃのプリンです。
今回大活躍のバターナッツ。甘くてクリーミーな料理やデザートに向いています。
カラメルソースがプリン液と混ざっちゃって、ダシ巻き卵みたいって言われちゃいましたが。笑
味は、ほどよい甘さがよかったですよ。




今回も美味しく、楽しいクラスでした。
美味しい野菜を作ってくれるみなさんに感謝♪♪
参加してくださったみなさんに感謝♪♪
今月もありがとうございました。

来月は、11月15日。
ラテン料理 de クリスマス です
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/10/20(月) | 料理教室 | トラックバック(0) | コメント(0)

ペルーと日本のいいとこどり。querico流エスカベッチェ・デ・ポージョ

0927escabechedepollo_1.jpg

エスカベッチェ・デ・ポージョ。

ちょっと、舌を噛みそうな名前ですね。笑
ペルーを始めラテン諸国で食べられている料理です。

エスカベッチェというのは”マリネする”意味、ポージョは鶏肉のことなので、要するに、“鶏肉のマリネ”。
日本で言うところのチキン南蛮のようですが、味はかなり違います。
日本の南蛮漬けは、甘酢を使うのでタレがけっこう甘いですよね。
ペルーのエスカベッチェは、砂糖は使わず、唐辛子やにんにくをたっぷり入れるので、甘くはなく、そしてけっこう辛いです。
そして野菜も、日本の南蛮漬けは生を漬けこむところ、ペルーのは、よく炒めます。

私のレシピは、この両方のいいところ掛け合わせた、言わばいいとこどりのレシピです。
ピリ辛だけど、さっぱり。彩りのいい野菜の色を活かして生でたくさん食べれる、そんなエスカベッチェです。


■ querico流エスカベッチェ・デ・ポージョ ■

材料 4人分
鶏モモ肉 2枚
塩コショウ 適量
玉ねぎ 1個
パプリカ赤 1個
パプリカ黄色 1個
A.ワインビネガー 100cc
A.米酢 50㏄
A.鶏のスープ 100㏄
A.砂糖 小さじ1
A.塩 ひとつまみ
にんにく 1片
鷹の爪 1本
アヒ・アマリージョ 大さじ1

<作り方>
1. 玉ねぎとパプリカは細切りにする。にんにくは刻む。Aを合わせておく。
2. 鶏モモ肉は余分な脂を取り除いてひと口大よりやや大きめに切り塩コショウをし、フライパンで焼く。両面に焼き色が付いたら水を少し足して蒸し焼きにする。鶏肉を取り出し、出てきたスープは取っておく。
0927escabechedepollo_5.jpg
蒸し焼きにした鶏肉。

3. 同じフライパン(別でもOK)にオリーブオイルを入れて温め、にんにく、鷹の爪、アヒ・アマリージョを焦がさないように炒める。玉ねぎ、パプリカ、Aのタレ、鶏肉からでたスープを加えひと混ぜしたら、2のバットに合わせる。
0927escabechedepollo_4.jpg

4. 鶏肉の上に野菜を盛り付ける。

※本場ペルーでは野菜をよく炒めますが、生で食べれる新鮮な野菜を使う時は、炒めずに生のまま漬けこむ感じがおすすめです。
茹でたうずらの卵や黒オリーブを添えるとよりペルー風になります。


0927escabechedepollo_2.jpg

彩りのいい、野菜がたっぷり!
さっぱりして、モリモリ食べれちゃいます。



0927escabechedepollo_6.jpg

これは先日の料理教室で作ったメニューでした。
この日は、ペルー料理が中心で、この他にもパパ・ア・ラ・ワンカイーナも登場。
地元横浜や、湘南の新鮮な野菜もたっぷりの献立でした。



陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/10/06(月) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(0)

お礼~おうちで作れるラテン料理教室8月~

0823latinclass_8.jpg

土曜日は、おうちで作れるラテン料理教室でした。
8月後半だというのに30度を超す真夏日。猛暑の中、お越しくださったみなさま、ありがとうございました。

本日のメニューです。
アペリティフ モヒート ~Mojito~ 
パプリカの肉詰めラテンスタイル~Pimentón Relleno~
ターメリックライス
小松菜のビシソワーズ ~Vichyssoise de KOMATSUNA~
カプレーゼ ~Caprese~
小松菜サラダ 湘南青みかんドレッシング
茸のマリネと、よこはま野菜のピクルス
パイナップルとバジルのソルベ&ブルーベリーヨーグルトアイス


0823latinclass_10.jpg

私の料理教室では毎月、横浜の旬の野菜を使っています。
メインとスープには、港北区小山さんのパプリカと、小松菜、ジャガイモを使っています。
そして今回は特に、フレッシュハーブをたくさん使って、夏の疲れを癒し気分をリフレッシュできるメニューにしました。
ハーブは保土ヶ谷区苅部さんのミントとバジル。そしてデザートに使ったブルーベリーは戸塚区のユアーズガーデンさんのものを。ドレッシングとドリンクには、二宮町の青みかんを使っています。



0823clasedelatin_1.jpg

まず最初に作ったのは、小松菜のビシソワーズ。
ジャガイモとたまねぎをベースにした温かいスープに小松菜のペーストと牛乳を入れて混ぜ、冷やします。
ちょっと大量すぎて、たいへんでした、、^^;)



0823latinclass_2.jpg

ふぅ~。
今回は作業がかなり多くて、みなさんたいへんでしたね。m(_ _)m
ようやく完成!お料理がすべて並びました。



0823latinclass_7.jpg

アペリティフは、ヘミングウェイが愛したキューバのカクテル、モヒートです。
先日二宮町でいただいてきた青みかんをライムの代わりに搾り、苅部さんの3種類のフレッシュミントをたっぷり入れて、みんなで手作りです。
ミントの香りがとっても爽やかですね



0823latinclass_3.jpg

今回のメイン、Pimientón Relleno パプリカの肉詰め・ラテンスタイルです。
この肉詰めは、中南米のいろんな国で食べられる料理ですが、今回はペルーのスタイル(と思われるもの)です。
クリーミーなソースをかけてオーブンで焼いたパプリカの中には、挽肉、ピーナツ、レーズン、茹で卵、クリームチーズ、オリーブと、、いろんな具がぎっしり入って宝箱のようで楽しくなっちゃいます♪



0823latinclass_5.jpg

カプレーゼは、モッツァレーラチーズと、フレッシュバジルでシンプルに。
茸のマリネもなかなか好評でした。



0823latinclass_4.jpg

保土ヶ谷区苅部さんの湘南レッドと、横浜産のゴーヤのピクルス。
今回、この野菜を初めてピクルスにしてみましたが、けっこうイケますね。



0823latinclass_6.jpg

小松菜のビシソワーズ。本当はもうちょっと冷たく仕上げたかったかなー。
写真は、最後のオリーブオイルと黒胡椒を添える前のものでした。このひと手間で、きれいで美味しくなります。



0823latinclass_11.jpg

小松菜サラダ 湘南の青みかんドレッシング。
小松菜をこうして生で食べることは、ふだんあまりないかもしれませんが、夏の時期の小松菜は、葉も柔らかく苦みも少ないので、生で食べても美味しいです。
ドレッシングは塩レモンと二宮町の青みかんの果汁で柑橘のほろ苦い酸味が爽やかです。



0823latinclass_9.jpg

そして季節のデザート。これが一番の自信作だったり?笑
ブルーベリーヨーグルトアイスと、パイナップルとバジルのソルベ。
フレッシュなブルーベリーを贅沢に使ったアイスクリームはヨーグルトとの相性は最高です。
ソルベは、完熟のパイナップルにバジルを加えて撹拌して凍らせただけ。
材料はとってもシンプルで、パイナップルの甘さとハーブの爽やかなバジルが絶妙なコンビでこれはヒットでした。
どちらも作り方は、材料を撹拌して凍らせるだけで、とっても簡単です。夏休みの子供のおやつにはおすすめですね。


お喋りは、なぜか若かりしころの旅の話なんかで盛り上がり、、、とっても楽しいランチタイムでした

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
来月は9月27日に開催いたします。
次は、どんなラテンの料理にしようかな~



陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/08/26(火) | 料理教室 | トラックバック(0) | コメント(0)

お礼~イチスイ、ちょいラテンカフェ 7月

0702choilatincafe_1.jpg

昨日は月に一度の、イチスイ、ちょいラテンカフェ。
おかげさまでほぼ完売にて終了しました。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

メニューをご紹介します。

パステル・デ・チョクロ Pastel de choclo
ラタトウィユ de よこはま野菜  Ratatouille
とろ実入りガスパチョ
ニンジンサラダ 片浦産夏蜜柑とキヌアのドレッシング
小田原産ズッキーニと胡瓜のピクルス




0702choilatincafe_1.jpg

パステル・デ・チョクロは、南米チリの料理。
とうもろこしを使ったクリーミーなソースをたっぷりかけたミートグラタン風の料理です。
下から、牛挽肉、茹で卵、オリーブ、レーズン、チキン、とうもろこしと盛りだくさん!
とうもろこしの甘さと、下のお肉やオリーブの塩気が絶妙なおいしさです。



0702choilatincafe_5.jpg

とうもろこしには、神奈川区の生産者小澤さんの朝採れとうもろこしを使いました。
B級だよ”ってかなりお安いお値段で分けていただいたけれど、中身は特A級の甘さ。
お客さまからも、“あまーーい!”の声をたくさんいただきました。
小澤さん、ありがとうございました。



0702choilatincafe_2.jpg

ラタトウィユは夏の定番メニュー。
写真にある神奈川区の平本さんのナス、トマト、ズッキーニを使いました。
辛みを入れ忘れたので、食べる時にセロリを唐辛子入りオリーブ油でいためた薬味をトッピング。

ピクルスにしたズッキーニも、大きいでしょ。レモンと間違えた人がいたわ。笑



0702choilatincafe_3.jpg

ニンジンのサラダは、先日小田原に研修にいったときに買ってきたニンジンです。
片浦産の夏蜜柑とキヌアを使ったドレッシングで和えました。



0702choilatincafe_7.jpg

デザートにアサイーとバナナのスムージー。
ワールドカップの波にのって?今回は大人気でしたね。
私のスムージーはアサイー100%のピューレと冷凍のバナナ、ヨーグルトが入っているから、濃厚で、さっぱり。
おかわりしてくれた方もいました。(*^_^*)



0702choilatincafe_4.jpg

マンゴーヨーグルトムース。
こちらもヨーグルト風味でさっぱり。
マンゴーが完熟じゃなかったのから、よけいにさっぱりだったかも。^^;


お友達のお友達で遠く千葉から来てくれた方がいたり。
彼女達は女子3人でたっぷり2時間半ガールズトーク
また一方では、今回は地元の方も多かったです。
このお店によくいらっしゃるお客様が“イチスイに来てみたかった”と言ってくださって、、、嬉しかったな。

皆さま本当にありがとうございました。


8月はお休みをします。9月にまたお会いしましょう




レシピブログMagazine Vol.3夏号 6月28日発売!
私のレシピも掲載いただきました♪

rbm03.jpg

作りたくなるレシピが盛りだくさん!お求めは、書店、コンビニ、インターネットで。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/07/03(木) | ラテンカフェ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »