スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

青森県八戸の郷土料理、せんべい汁であったまる~!

151221senbeijiru_3.jpg

おはようございます。スパイス大使のquericoです。

木枯らしがつめたーいこの季節、具だくさんの汁物、あったまりますね。

今日は青森県八戸の郷土料理せんべい汁をご紹介します。
月に一度の野の葡萄の木曜ランチ限定郷土料理フェアで出させていただいたものですが、
お客さまにもとっても好評でしたので、ご紹介しますね。

せんべい汁の主役は、なんといってもせんべい。
お菓子の南部せんべいとは違って、お汁用の堅いせんべいです。
普通のスーパーではなかなか手に入りませんので、ネットで購入しました。

151221senbeijiru_5

青森にあるためのぶストアさんの「おつゆせんべい」という商品です。
堅いせんべいが汁にしみてふにゃ~となったところがまた、おいしいんですよね。

それではレシピです。


■ あったまる~!青森県八戸の郷土料理せんべい汁

4-6人分
鶏モモ肉 120g
ごぼう  1本
しいたけ 4枚
にんじん 1/2本
キャベツ 3枚
ねぎ  1本
南部せんべい 4,5枚
だし汁 1600cc
しょうゆ 45cc
みりん  45cc
塩 4g

1.ニンジンとゴボウはささがきに、シイタケは細切り、キャベツは太めの千切りにする。鶏肉は一口大の半分くらいの小さめに切る。
2.ダシ汁を温め、野菜を堅い順にごぼう、ニンジン、しいたけと加え、鶏肉を加えて煮込み、アクがでたら丁寧にとり、調味料も加える。
3.煎餅は汁ができあがってから最後に食べやすい大きさに割っていれる。堅さはお好みで調節してくださいね。

3ステップで意外に簡単!

151221senbeijiru_1.jpg

野菜がたっぷり、具だくさん!



151221senbeijiru_2.jpg

鶏だしのスープは丁寧にアクをとると、澄んでとてもきれいに仕上がります。

せんべいの堅さはお好みで。
堅いのが好きなかたは最後に入れてください。
煮込んでふにゃ~となったところもまたおいしいですね。



151221senbeijiru_4.jpg

こちらは、郷土料理フェアで出したときのものです。
一緒に添えてある蕪の千枚漬けも、柚子の香りがしてとってもおいしくできました!


東北ならではの、あったまる汁物、せんべい汁
いかがでしょうか

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑
スポンサーサイト

2015/12/21(月) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0)

大分の郷土料理 だんご汁であったまる~♪

151127dangojiru_2.jpg

もうすぐ師走。
木枯らしも冷たく、朝晩はぐっと冷え込みますね。
これからの季節は、汁物や鍋が、美味しいですね。

郷土料理にも、季節の野菜たっぷりの具だくさん汁物がたくさんあります。
その代表的なものが、すいとん
小麦粉を練ってだんごや細く切って麺にしたり、ちぎって入れたり、地方によっていろいろな食べ方をしますね。

先日作った郷土料理は、大分だんご汁です。
私がお手伝いをしている野の葡萄のランチ郷土料理フェアで、これを作りました。
豚汁のように根菜がたっぷり入った味噌仕立てのお汁に、すいとんのだんごを平べったく伸ばしたものを入れて煮込んだお汁です。

味噌仕立てであったまる~~。
具だくさんで野菜もたくさん食べれて、さらに粉ものが入っているので、これひとつでしっかり、一食分になりますね。

すいとんは主に中力粉を使いますが、ちょっと手に入りにくかったりしますね。
でも、中力粉が手に入らなくても、スーパーにいくと“すいとんの粉”というものが売っていたりしますので、これひとつで簡単にできます。
それではレシピです。


■ あったまる~♪大分郷土料理 だんご汁
<材料>約6人分
A.だんご
中力粉 またはすいとんの粉 200g
水 135cc(目安)
塩 3g

B.汁
だし汁 1000cc
ごぼう 1本
にんじん 1/2本
大根 1/4本
里芋 4個
干ししいたけ 2枚
鶏ムネ肉 300g
味噌 200g強
醤油 少々
かぼす 1個

1.だんごを作る。粉と塩、水を加減しながら加えて混ぜ、捏ねてひっつかないくらいの硬さでまとめ、塗れ布巾をかけて20分ほど休ませる。
2.里芋は皮を向き、一口大に切り、塩を入れた水から別鍋で下茹でする。昆布で出しをひく。
3.にんじん、大根はいちょう切り、ごぼうはささがきに、しいたけは水から戻し、細切りにする。戻し汁もだし汁として使う。
鶏肉は小さめのひとくち大に切る。
3.大なべにだし汁をいれ、野菜を硬い順にごぼう、にんじん、大根、しいたけと加え、鶏肉を加えて煮る。最後に下茹でした里芋をぬめりをとって加える。
4.1を親指大くらいにちぎって丸める。それを手のひらでぺたん押し潰して平たくしたものを3に加え、さらに煮込む。
5.味噌を溶いて加え、醤油で味を調えてできあがり。器に盛って、かぼすの輪切りを添える。


できあがり

151127dangojiru_1.jpg

味噌仕立てであったまる~~~。
具だくさんでおなかにもたまります。

お好みで柚子胡椒や、七味を加えてもおいしいです。


151127dangojiru_31.jpg

ちなみに、先日のランチ提供では、25人分くらいを大鍋で作ったので、だんごは別の鍋で茹でました。
熱湯で入れて2~3分で茹で上がります。

このだんご汁のだんご、うちの娘が気に入ってくれて、、、
“お汁いらないからだんごだけちょうだい”って。汁からだんごを拾って食べてました。。。

作るときは多めにつくって2回くらいに分けて食べてもいいです。

冬支度の、日本のごはんですね。
どうぞご家庭でも作ってみてください。

   
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2015/11/27(金) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。