FC2ブログ

フライパンと市販のつゆで簡単!揚げだし風豆腐

141125agedashi_1.jpg

久しぶりに豆腐のおかず~♪
木綿豆腐揚げだし風です。
フライパンで焼いて、つゆは白だしとめんつゆで、ちょーー簡単!
なんちゃってですが、味は揚げだし豆腐に近い、なかなかのものですよ。


■ 簡単!揚げだし豆腐
<材料>2人分
木綿豆腐 1丁
片栗粉 適量
白だし 大さじ2
めんつゆ 大さじ2
砂糖 小さじ1~2
水 1カップ弱
小ネギ 1束

1.豆腐はキッチンペーパーでくるんで電子レンジで約1分ほど加熱し、水気をきる。小ネギは小口きりにする。
2.豆腐を半分に切り、全体に片栗粉をまぶし、油をひいたフライパンを中火で熱し、全体に焼き色が付くように転がしながら焼く。焼いている間に調味料と水を耐熱のボウルに入れて電子レンジで1分ほど温め一度沸騰させる。
3.焼きあがった豆腐を深みのある器に盛り、上から温めたつゆをかけ、小ネギと鰹節をたっぷりかける。

3ステップでとっても簡単!

141125agedashi_2.jpg

ものすごーく簡単なのだけど、たっぷりの小ネギと鰹節で、ワンランクアップ♪
豆腐の料理には、薬味は欠かせませんね。

味の調ったつゆを使えばとっても簡単。
忙しいお母さんにはおすすめの一品です。




11月20日発売!
レシピブログ人気ブロガーによる70レシピ 5分でもう一品 野菜のおかずに、レシピ掲載いただきました。
cover_xs.jpg

お近くの書店、アマゾンでも絶賛発売中!

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/11/25(火) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0)

ダブルの胡麻で風味アップ☆めんつゆで簡単白和え

【レシピブログの「だし×オイル」でおいしさ広がる!コラボで旨い♪レシピコンテスト」参加中】

0608siraae_1.jpg

ラテン飯が続くと、やっぱり和食が食べたくなりますね。
思いだしたように白和えが食べたくなって作りました。

今回は、素晴らしい調味料がいろいろ揃ってます。
レシピブログさんからいただいたヤマキのめんつゆと、AJINOMOTOの健康ごま油
そして、先日、横浜の老舗メーカー岩井の胡麻油さんの工場見学に行った時に買った練り胡麻を初使用♪
練り胡麻+ごま油で、ダブルのごまの風味が香る、和の一品です。


だし×オイルの料理レシピ
だし×オイルの料理レシピ




■ ダブルのごま+ダシで簡単、白和え ■
2人分 調理時間20分

<材料>
木綿豆腐 160g
小松菜 40g
にんじん 30g
ヤマキめんつゆ 小さじ1
AJINOMOTO 健康調合ごま油 小さじ1/4
練り胡麻 小さじ1
砂糖 小さじ2
塩 ひとつまみ

1.豆腐はキッチンペーパーに包んで重石をして水気を切る。
2.小松菜はさっと茹でて水気を絞って3cmの長さに切る。にんじんも同様の長さの細切りにしてさっと茹でる。
3.すり鉢(あれば)に豆腐を入れて潰し、調味料を加えてすりこぎで滑らかになるまですり混ぜる。
4.2を加えて和える。

できあがり~。簡単です。

0608siraae_1.jpg


すり鉢がなけばボウルなどでまぜてもOK.
野菜は小松菜の代わりにほうれん草や春菊でも。緑や赤の色の映える野菜を入れるときれいです。

岩井の胡麻油さんの練り胡麻は、とーってもクリーミーで風味もよい♪
これからどんどん使おう~。
めんつゆ×ごま油のダシ&オイルコンビは、幅広くいろんな料理に使えるコンビですね。
ダシにちょっとオイルが加わるだけで、風味がアップします~。



0608siraae_2.jpg

ダシ+オイルコンビのブロッコリーのナムルも美味しくできました。
こちらはまた次回ご紹介しますね。



↓売れ行き好調だそうです。店頭でみかけたら、手に取ってみてください。

4月27日より発売開始!私のレシピも掲載いただきました♪
レシピブログ<br />magazine Vol.2好評発売中♪
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/06/08(日) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0)

和のおかず。鰯の蒲焼と、自家製切干大根

0417iwashikabayaki_1[

鰯大好き。今夜は鰯で和のおかずでした。
刺し身用の鰯を4尾買ってきたので、1日目はお刺身で食べて、次のには残りの2尾を蒲焼きにしました。
フライも好きなんだけど。パン粉をきらしていたし、衣がうすい方がカロリーが少ないから、シンプルにね。

おいしくできたのだけど、ちょっと味が濃かったので、レシピは少し薄めに調整してアップします。

■ 簡単!鰯の蒲焼き ■
2人分 調理時間15分

<材料>
鰯 2尾
片栗粉 適量
みりん 大さじ1/2
醤油 大さじ1/2
水 大さじ1

1.鰯は開いて中骨と小骨をとる。キッチンペーパーなどで汚れと余分な水分をとり、両面にかるく塩をふる。
2.片栗粉を全体にうすくつけ、やや多めに油をひいてフライパンで焼く。初めは蓋をして蒸し焼きにしてしっかり火をとおし、蓋をとって裏返して両面しっかり焼き色が付ける。
3.合わせた調味料を流し入れ、沸騰している状態でフライパンをゆすって全体にからめてできあがり。

3ステップで簡単でした。


0417iwashikabayaki_1[

ちょっと濃い目で。ごはんがすすむおかずです。
タレが絡んだ鰯をごはんにのっけて食べるのもいいですねえ。

魚をおろすのが難しいという方も、鰯はけっこう簡単なほうですよ。
私は手で開いちゃいます。鱗がほとんどないところもらくですね。


0417iwashikabayaki_2.jpg

今日は和のおかずが中心の献立です。

鰯の蒲焼きと、モニターのマカロニサラダ、そして自家製切干大根の煮もの。


0417iwashikabayaki_3.jpg

大根の皮を細く切って干していたものを、だしをとった後のにぼしや昆布と一緒に煮ました。
エコで、ヘルシーだわ。

白いごはんがすすむおかずがいっぱい。

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/04/17(木) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0)

大根の和のおかず。なめこおろし和えと、ぶり大根

0410daikon_2.jpg

レタスの使い切りが終盤にさしかかったら、次は大根でした。笑
とても立派な三浦の大根を買ったので、大根のおかずを立て続けに作りました。
2品ご紹介します。
魚の安いスーパーでみつけたぶりのカマも2日に渡って活躍!あざーっす。


まずは、鶏ささみとなめこのおろし和え。
八百屋さんで買った石附のついたりっぱなおおなめこ。
さっと茹でて鶏ささみと大根おろしでさっぱり和えてみました。
ぽん酢で味付けしたから簡単。

■ なめこと鶏ささみのさっぱりおろし和え ■
2人分

<材料>
なめこ(おおきめがおすすめ) 1/2パック
大根おろし 100gほど
鶏ささみ 1本まはた100gほど

1.鶏ささみは酒をふって、電子レンジで600wで1分ほど加熱し火をとおす。粗熱が取れたら手で小さくさく。大根は皮をむいてすりおろす。なめこはいしづきを落として、熱湯でさっと茹で、冷水にとる。
2.水気をきったなめこと、鶏ささみ、大根おろしを和え、ぽん酢で味付けする。

あれ?簡単に書いたら2ステップになっちゃいました。
簡単すぎ??


0410daikon_2.jpg

“顔のあるなめこはキライ”と言っている娘も、これはおいしいといって食べてくれましたよん。
(一時期流行ったキャラクターのなめこのことです)


0410daikon_3.jpg

ぶりカマを、初日は塩焼きにしました。
塩を強めにふって、グリルで焼いて大根おろしをそえて、、。
うまっ!焼酎がすすむおかずです。



0410daikon_1.jpg

大根2日目は、ぶり大根。

またまた、うちの圧力鍋が大活躍です。


■ 圧力鍋で簡単!ぶり大根 ■
たっぷり4人分ほど

<材料>
大根 1/2本
ぶりのあら、カマの部分 適量

砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
醤油 大さじ4
酒 大さじ2
生姜 大きめひとかけ

1、大根は4~5cmの厚さの輪切りにして皮をむき、さらに縦に2等分または4等分に切る。余裕があればめんとりすると煮崩れを防ぎます。
2.ぶりはさっと熱湯にとおして冷水にとり、霜降りにする。
3.圧力鍋に1と2を、生姜のスライス、水をひたひたに入れ、調味料を入れる。圧力鍋の蓋をして強火で加熱、蒸気が出始めたら弱火にして加圧5分。その後、自然冷却する。蓋が開いたら、開けたまましばらく煮て、水分を飛ばしてほどよく煮詰める。


0410daikon_4.jpg

これも、とっても簡単です。
ここでは圧力鍋4リットルの圧力鍋を使いましたが、最初はよくばって2/3の高さくらいまで大根を入れたら、圧がかからず、吹きこぼれそうになり危険信号!ピーみたいな。(@_@;)
慌てて蒸気を抜きました。

やっぱり圧力鍋は、あんまり入れすぎてはダメです。
半分くらいまでの高さの容量で使用するのが鉄則なんですね。

大根は、お箸がすーっととおるくらいやわらか。
大根は味がしみてとっても美味しかったのですが、ぶりはちょっとおいしい脂が溶けだしてしまって、身がちいさくなってしまいました。^^;

塩焼きのほうがいっぱい食べれたかもなぁ。。。

以上。大根のおかず2品でした。
これから夏にむけて、辛みを増してきますね。今頃までのほうが食べ頃かなあ、と。



4月27日より発売開始!私のレシピも掲載いただきました♪
レシピブログ<br />magazine Vol.2好評発売中♪
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/04/11(金) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0)

備忘録。今年の味噌作り

0330miso_1.jpg

たいへん遅ればせながら、今年も味噌作りをしました。
味噌は、「寒仕込み」と言って、最も寒い1~2月に作るのが、雑菌などの繁殖を防ぎ、発酵がゆっくりすすむのでいいそうです。もうすっかり暖かくなってしまったので、あまり適した時期ではなかったのですが、それでもやっぱり手作り味噌、いいですよね。

味噌はほぼ毎年、実家で母と一緒に作っています。
ですが、いつも空覚えでいちいち調べているので、今回は防備碌としてしっかり残しておきます。

それでは作り方です。


■ 我が家の味噌作り ■
作りやすい分量(味噌樽に半分くらい)

<材料>
国産大豆 2kg
米糀(低温乾燥) 1.2kg
塩 800g
種水 500㏄

0330miso_9.jpg

材料はシンプル。国産のものを使います。

下準備:
大豆はよく洗って、約12時間水につける。2倍には膨らむので、しっかり多めにかぶせます。
味噌を入れる容器は、洗って、アルコール消毒しておきます。(うちは焼酎でふきました)

1.大豆を手でつぶれるくらいまで煮る。うちでは圧力鍋を使い、加圧8分。この時に鍋いっぱいに豆を入れないように注意しましょう。うちでは3回に分けました。


2.この間に、米糀をほぐして塩とよく混ぜておきます。

0330miso_8.jpg


3.煮あがったら、煮汁を500㏄とっておく。これが種水になります。
  大豆を熱いうちにミキサーやフードプロセッサで潰す。水分がないと撹拌できないので、種水を足しながらやるといいでしょう。(水分の入れすぎには注意)

0330miso_7.jpg


0330miso_6.jpg
ミキサーにかけてペースト状になったのがこちら↑。


4.3が40度くらいの温かさに冷めたら、2とよく混ぜる。

0330miso_5.jpg
ポリエチレンの手袋をして、丁寧に手で混ぜます。この時に潰れずに残った豆があれば、手で潰します。


0330miso_4.jpg

全部でこれだけ!
家庭用の調理器具では、多すぎてけっこうたいへんです。^^;
3回にわけたので、それぞれの米糀との混ざり具合にばらつきがないように、最後に全体を混ぜます。


5.いよいよ、容器に詰めていきます。ハンバーグのような要領で、手に取って丸めて空気を抜いて、容器の底に打ち付けていくようにして詰めていき、拳で押して空気を抜いて、平らにならしながら詰めていきます。

0330miso_3.jpg


6.詰め終わったら、表面を平らにならし、ラップなどをぴっちりかぶせて密封します。

0330miso_2.jpg


7.中蓋をおき、その上に重石をのせ、容器の蓋をして新聞紙などを巻いて密封したら完成!
  (このとき重石は全体量の20%が目安)

0330miso_1.jpg

これから半年間、冷暗所において熟成させます。忘れないように日付も書いておきましょう。


8.天地返し
うちではあまりちゃんとやったことはないのですが、発酵のむらをなくすために、天地返しといって、3ヶ月くらいたったところで一度開封して、中身を混ぜ直すという作業があります。

表面にカビが付着していたらそれをぬぐいとり、全体を底から返すように全体を混ぜ合わせて、表面にうすく塩をふってもう一度密封します。



お疲れさま!!
ほぼ一人でやったけど、ほんと、なかなかたいへんです。^^;

手作り味噌。同じ分量で作っているはずなのに、毎年、色も味も違います。
発酵の具合で、色がかわるんでしょうね。

今年は、どんなできあがりになるのか、秋に開封するのが楽しみです。

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/03/30(日) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0)

和のおかず。鶏挽肉と押し大豆の和風ハンバーグと、分葱のぬた和え

0327WANOOKAZU_1.jpg

一昨日久しぶりに地元のマーケットに行って、ついつい野菜を買いこんでしまいました。
春キャベツ、大根、横浜産のほうれん草、かぶ、新人参、新玉ねぎ、それから、売りだしでちょっと珍しかったので、分葱。果物は、パール柑。
買いすぎやろ、、、。^^;

だから、がんばって消費。毎食、ピクルスやらおひたしやら、食卓にはたくさん野菜が並びます。

そんなわけで昨日の夜は、野菜たっぷりの和の食卓でした。
鶏挽肉と押し大豆のハンバーグと、分葱のぬた和え、ほうれん草のおひたし大島海苔和え、ピクルス、などなど。

ハンバーグに入れたのは押し大豆。って、知ってますか?
たまたま宮崎の物産館で見つけて買ってきたのだけど、潰して乾燥させた大豆なのですが、味噌汁に入れたり、天ぷらの衣に入れたりして食べるらしいです。私はこれをハンバーグにいれてみましたが、牛蒡を入れた時のような歯ごたえが出て、ヘルシー感たっぷりでした。


■ 鶏挽肉と押し大豆の和風ハンバーグ ■
2人分 
鶏挽肉 200g
押し大豆(乾燥) 13g
にんじん ほんの少し
ごま油 小さじ1
生姜汁 小さじ1
醤油 小さじ1
塩コショウ 少々
片栗粉 大さじ1

(和風ソース)
醤油 大さじ1強
みりん 大さじ1
砂糖 少々
酢 小さじ1
片栗粉 大さじ1/2
水 大さじ1/2

1.押し大豆は熱湯につけてふやかし、食感の悪い薄皮は取り除く。にんじんは千切りにする。
2.材料を全部ボウルに入れてよく捏ねる。まとめて4等分にする。
3.フライパンに油をうすくひき、丸めたハンバーグの中心を少しくぼませて並べる。蓋をして5分ほど蒸し焼きにする。
 裏も同様にして両面焼く。
4.ハンバーグを皿にとり、焦げがついている場合はさっと洗って、合わせたソースの調味料をフライパンに入れて沸騰させ、フライパンをゆすって少しとろみがついたらOK.ハンバーグにかける。


0327wanookazu_3.jpg

ハンバーグ自体が、肉っぽくなくてたん白な味なので、ソースは絶対にいります。
今回は、照り焼き風の、ほんのり甘酸っぱいソースにしました。

酸っぱいもの好きの娘が、これだとよく食べてくれます。笑



0327wanookazu_2.jpg

もう一品は、分葱のぬた和え。
これが、今日のわたしのご馳走。

ぬたといえるものかどうか、大島のお土産に買って帰った青唐辛子味噌をベースに作りました。
ちょっとピリ辛なのがまたいいです。

■ 青唐辛子味噌でつくる分葱のぬた和え ■
分葱 ひと束
(ぬたの調味料)
A.青唐辛子味噌 大さじ2弱
A.みりん 大さじ1
A.砂糖 小さじ1
A.酢 小さじ2

Aを耐熱の器にいれて、電子レンジ600Wで20秒で一度沸騰させます。よく混ぜたらできあがり。
さっと茹でて、切った分葱と和えてできあがりです。


めっちゃ美味い。
いくらでも食べちゃう。これで焼酎もすすみます。
焼酎は、私は普段芋派ですが、この日は伊豆七島繋がりで、神津島の盛若という麦の焼酎をいただきました。

春野菜と、各地のお土産が満載の食卓でした。



4月27日より発売開始!私のレシピも掲載いただきました♪
レシピブログ<br />magazine Vol.2好評発売中♪

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/03/27(木) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0)

簡単おかず!厚揚げのかけトマチーズオーブン焼き

【レシピブログの「かけトマ」レシピコンテスト参加中】

0324atsuagekaketoma_1.jpg

ほんとに簡単すぎるおかずでゴメンナサイ!

かけトマで、ただの厚揚げ焼きがちょっとイタリアンな感じになりました。
厚揚げにチーズ、ネギ、醤油をちょっと垂らして焼くのはよくやるのですが、今日はトマトソースをかけて焼いてみました。こちらもなかなかイケます。
タバスコなどをかけてホットにするのもいいですね。

かけトマ料理レシピ
かけトマ料理レシピ

■ 簡単!厚揚げのかけトマチーズ焼き ■
1~2人分 調理時間10分


<材料>
厚揚げ 1枚
スライスチーズ 1枚
トマトソース 適量
粉チーズ お好みで

1.厚揚げは熱湯をかけて油切りをする。
2.とろけるスライスチーズをのせて、オーブントースターまたはオーブンで10分くらい焼く。残り3、4分になったらトマトソースをもう一度焼く。
3.お好みで粉チーズをふってできあがり。

とーっても簡単。
厚揚げは、炒めもののお肉の代わりに足したり、お味噌汁に入れたりして使います。
食べごたえがあってヘルシーなので便利な食材ですが、
こんな風に、トマトソースも合います。
お酒のおつまみにもなりますね。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/03/24(月) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0)

4歳の誕生日。ちらし寿司と、レンジで簡単!子供がよろこぶ茶碗蒸し

0313manabirthday_1.jpg

昨日は娘の4歳の誕生日でした。
なのに、前日から熱で保育園も早退。(><)
幸い、インフルエンザではなくただの風邪でしたが、お誕生日の当日も大事をとって保育園はお休みしました。本人は、保育園のクラスでお誕生日のお祝いをしてもらうのを楽しみにしていたのだけど、、、。
予定していた外食もキャンセル。えーん、それを一番楽しみにしていたのはワタシだったのだけどね。
優雅にお食事したかったな~ってね。笑

急きょ家で誕生日会となりました。
雨で娘を連れて買物にも行けなかったので、お寿司と茶碗蒸しとサラダは作って、あとはケンタッキーなんかをおばあちゃんに買ってきてもらいましたよ。

ちらし寿司、3月に入ってから2回目だわ。笑
今回は、お花畑ではなくて、4歳のお誕生バージョン。
何度か作っているうちに、だんだん飾るのが楽しくなってきたーー。
市販の寿司の具も使って、アレンジしました。


■ 4歳のちらし寿司
5人分 

ごはん 硬めに炊いて2合半
市販の寿司の具(ごはん1.5合分ようでした)1袋
にんじん、干し椎茸 少々
椎茸のだし汁、砂糖、醤油適量
白ごま 適量

●具(お好みでアレンジしてください)
鮪赤身 各適量
金糸卵 →薄やき卵を作り、細く切る。 
絹さや →さっと茹でて2cm幅斜めに切る。
菜の花 →下茹でして水気をしぼり、花の部分と、葉の部分を2cmくらいに切る。
でんぶ 
小海老 →下茹でする。

1.干し椎茸2カップくらいの水につけておく(急ぐ場合は電子レンジで30秒ほど加熱する)。ごはんを浸水させて硬めに炊飯する。
2.その間に混ぜ込む具をつくる。椎茸を水気をしぼって(汁は捨てない)細かく切る。にんじんも2cmほどの細切りにし、小鍋に入れてひたひたのだし汁、砂糖、醤油でさっと煮る。ザルにあげてこの煮汁もとっておく。
3.ごはんが炊けたら、市販の具材、寿司酢、2の具と汁を加えて手早く切るように混ぜ、白ごまをふって、うちわなどで冷ます。
4.広めの器にしきつめ、下ごしらえした具を散らす。

飾りつけは、ご自身のアイデアでご自由にどうぞ~。
食べる時には、鮪には醤油とわさび必要ですね。



0313manabirthday_2.jpg

茶碗蒸しは、電子レンジで作るレシピで簡単に。
プリキュアのかまぼこがのっていれば、それでオッケーです。

干し椎茸のだし汁は茶碗蒸しで使うので、一緒に作ると無駄がなくていいです。


■ 電子レンジで簡単!子供が喜ぶ茶碗蒸し ■
5人分 

卵 3個
干し椎茸のだし汁+鶏の茹で汁 350cc
白だし 適量
砂糖 小さじ1

鶏ムネ肉 150gくらい
絹さやまたは、菜の花などの青み 
海老(殻付き) 5尾
にんじん 楕円にスライスして5枚
キャラクターものかまぼこ 5枚

1.鶏肉を茹でる。茹で汁はとっておく。絹さやや菜の花、薄く切ったにんじんはさっと下茹でしておく。
2.1の鶏肉の茹で汁、椎茸のだし汁を鍋に入れて火にかけ、白だしと砂糖で調味し、冷ます。
3.2によく溶きほぐした卵を加え、卵液を作る。
4.茶碗蒸しの器に、かまぼこ以外の具を入れ、卵液を注ぐ。電子レンジにいれてふんわりとラップをかけ、1個あたり600Wで1分20秒加熱する。4分ほどのところで様子をみて、少し固まっていたらかまぼこをのせ、さらにもう1、2分加熱する。余熱が入って固まるので、少しゆるめに止めるのがよい。

具が沈んでしまうので、キャラもののかまぼこは後のせがポイントなのです。(^^ゞ


0313manabirthday_1.jpg

4の数字が入ったちらし寿司と、プリキュアのかまぼこ入りの茶碗蒸しで娘はゴキゲン

私は、とっても久しぶりに食べるケンタッキーがおいしくて、ビールがすすむっ!



0313manabirthday_4.jpg

くまさんのケーキだっ。かわいい~
これはおばあちゃんに買ってきてもらったもの。
中はどうなっているか気になるところですが、ちゃんと段になってクリームと苺がはいっていました。


0313manabirthday_5.jpg

お誕生日おめでとう!!

元気に成長してくれてありがとう。

これからもいろんな経験をして、大きくなってね

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/03/14(金) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(0)

圧力鍋で簡単!鶏手羽元と根菜の塩麹煮込み

0122siokoujini_1.jpg

今日は、鶏手羽元を使って和の食卓。
塩麹で下味をつけて、はじめはオーブン焼きにしようかと思ったのですが、骨離れがよくなくて意外に食べにくいんですよね。なので圧力鍋で煮込むことにしました。
根菜が合うなーと思ったので、蓮根と人参も一緒に煮込みました。
加圧5分であっという間にやわらかい。骨離れがよくすっと取れて、お肉はホロホロ~。(*^_^*)
。野菜もたっぷり食べれます。
調味料は基本は塩麹。ほんの少しみりんと醤油を足してシンプルにうま味をひきだしました。


■ 圧力鍋で簡単!鶏手羽元根菜塩麹煮込み ■
3人分 調理時間15分+

<材料>
鶏手羽元 9本
人参 1本
蓮根 150gほど
塩麹 大さじ2
醤油 小さじ2
みりん 小さじ2

1.鶏手羽元塩麹に1時間以上漬け込んでおく。にんじん、蓮根は大きめの乱切りにする。
2.圧力鍋でに油をひき鶏手羽元を中火で、表面に焼き色が着くように焼く。根菜を加え、水を1カップほど(ひたひたよりも少し少ないくらい)、醤油とみりんを加え蓋をして圧力をかける。
3.圧がかかり蒸気が出始めたら弱火にして5分加圧する。5分で火を止めたら自然冷却する。圧が下がったら蓋が開け、再び火にかけて少し煮詰める。

3ステップ(くらい)でとっても簡単。手間なし!!

0122siokoujini_2.jpg

みりんを加えることで肉や野菜に照りがでて美味しそう。
お肉がほんとに柔らかくて骨離れがいいので、子供にあげるにもらくちんでした。

こちらオースの圧力鍋ですが、加圧5分でギリギリというところでした。これ以上やるとにんじんが煮くずれてしまいそう。蓮根もちょうどよくシャキシャキ感が残っています。
4Lサイズのこの圧力鍋、手軽でいろんな料理に使えてとっても重宝しています。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/01/22(水) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2)

母のおせち。パイナップルきんとん

0104pineppalekinton_1.jpg

お正月は実家でのんびり。兄の家族もきて賑やかに過ごしています。

実家のおせち料理の中で、私が好きなのがこのパイナップルきんとん。
うちではずーっと昔からきんとんはこれなのでもう慣れ親しんでいますが、みんなとっても珍しがるんです。
これがおいしいんですよー。
ちょっと甘酸っぱくて、色は栗きんとんよりも明るい黄色できれいです。

作り方。。。
ひじょーーーにアバウトなのでレシピにするのが申し訳ないのですが、一応ご紹介します。
要はふつうのきんとんと同じで栗の代わりに缶詰のパイナップルを入れるだけですが、違うところと言えば砂糖の量くらいです。砂糖はさつま芋の甘さにもよるので、味をみながら加減してください。


■ 母のおせち。パイナップルきんとん ■
できあがり500gくらい

さつまいも 500gくらい
砂糖 適量
パイナップルの缶詰 1缶

1.さつま芋は皮を剥いて蒸し器でやわらかく蒸し、熱いうちに裏ごしする。缶詰のパイナップルは1枚を12等分くらいの大きさに切る。汁はとっておく。
2.鍋に1のさつまいもをとパイナップルの汁、砂糖を加えて弱火で温めながら練るように混ぜる。甘さが足りなければ砂糖を足して調整し、最後に切ったパイナップルを加えてまぜ、できあがり。

なんともアバウトなレシピですみませんが、きんとんなんて、そんなもんですよね。。。


0104pineppalekinton_2.jpg

パイナップルの酸味で、くちなしの実を入れなくてもとても色がきれいです。
しっとりが美味しいですよね。あまり加熱すると水分が飛んでしまうので、気をつけて。

甘酸っぱくて、食後の箸休めにもぴったり。
おせちに飽きたら、朝ごはんにコーヒーと一緒でも合います。
余ったら、パンにのっけて、トーストしても美味しいですよ。



0104sinrinkouen.jpg

2日は、根岸の森林公園に行ってきました。
初めて行ったのだけど、広いひろい。
広場がとてもひろくて、凧揚げをするにはちょうどいい場所。
100キンで買った凧と、シャボン玉で遊んで楽しんできました~。

陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/01/04(土) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(1)

«  |  HOME  |  »