スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガージョピントに関する蘊蓄とは。。。

0121gallopinto_2.jpg

前回の記事の続きですが、ガージョピントの蘊蓄なるものを書いちゃいます。

この豆ご飯がなぜ、ガージョピントって言うかというと、、、

ガージョ:Gallo はスペイン語で雄鶏 
ピント: pinto は、描く、とか塗るなど。
色を塗られた雄鶏ってことかしら? 赤と白が入り混じっていることから、そう名付けられたと、確か聞きました。

この中米で一般的に食べられるこの豆のごはんは、国によって呼び方が様々で、
ニカラグアとコスタリカでは、ガージョピントと呼んで、
エルサルバドル(やグアテマラも?)では、カサミエント呼ばれているようです。
ちなみにカサミエントというのはスペイン語では“結婚”。
これも赤と白が混ざっていることから、そう呼ぶらしいです。

いろんな呼び方があって、おもしろいですね。

こうして豆が主食として食べられているのは、中米やカリブ海の国が多いようです。
ニカラグア、コスタリカ、キューバ、ドミニカ、プエルトリコ、、、。
あとは南米でも北の方、コロンビアも豆食べましたねえ。

アンデスの国に行くと、主食はイモ系にシフトしてるように感じます。
地形や気候によって、食文化も移り変わっていくのって、当たり前なんですけど、おもしろいです。

そんなこんなで、なんだか今日はラテン飯の蘊蓄になってしまいました。jajaja...

スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/01/26(土) | 徒然日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1159-5b4c88cc
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。