スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【備忘録】アルジェリアの人質事件について思うこと。そして、、

1月31日、仕事の外出先から直帰できることになり、ちょっとだけ時間ができた私は、みなとみらいの日揮本社の献花台に向かった。私をそうさせた一連の思いを、自分の備忘録としてここに書き留めることにしました。


アルジェリアの人質事件について、ニュースや新聞で、悲しい報道を見聞きする度に、からだが震える思いだった。
家族や友人と遠く離れた異国の地で、日本社会のために、世界のために、一生懸命に汗を流して仕事をしていた彼らが、どうしてこんな目に合わなければならないんだろう。深い悲しみと強い憤りを感じずにはいられない。
被害にあった方々は、父親であったり、息子であったり、それぞれ誰かの大切な人だ。残された家族の気持ちを考えると、胸が潰れる思いだった。
そして亡くなられた方と一緒に政府専用機で帰国した、助かった方達は、心にどれだけ深い傷を負っていることだろう。そしてその傷は決して消えることはないのだろう。

しかし、今回のような悲惨な事件。過去にもなかったわけではない。もうすぐ2年が経つ東日本大震災は、それよりもっと大きな惨事だった。日本のみんなが深い悲しみに暮れた。
もちろんそれは真実なのだけれど、どうして今回の事件が、こんなに私の心に響いたのだろう。自分でも不思議なのだけれど、それはきっと、受け止める自分の心の状態が影響しているのかもしれない。

世界のテロに対する怒りや、今後日本政府がテロ対策についてどう対応していくかとか、そんなことは私の他にも意見する人はいくらでもいるだろうから、私自信の考えていることをここでは書きたいと思う。

私がこの事件をきっかけに、強く感じていること。それは、こんなことを言うと不謹慎と言う人もいるかもしれないけれど、
“人間、死んだら終わりじゃん”
ということだった。
どんなに高い志があろうがなかろうが、どんなに大きな夢があろうがなかろうが、死んでしまったら、そこで終わり。
そしてそれは、誰にでも言えること。
病気や事故、災害だけではない。事件に巻き込まれたり、間違って殺されることもあるかもしれない。人間、いつ死ぬかわからないんだ。

だから、今を生きるしかない。今の一瞬、一瞬を無駄にしないで生きるんだ。
亡くなった方達の分も、なんて言うのは、とてもおこがましいけれど、生きている私が、今を大事に生きようと思った。
家族をいっぱい愛そう。いっぱい笑おう。自分の挑戦したいと思うことをやろう。自分で誇りを持てる仕事をしよう。多少わがままでも好きなことをやろう。

私にとってこの事件は、大きな死をもって、生の尊さを知ることが出来たとも言える。
だから、犠牲になった方々を追悼するのと同時に、この思いを伝えるためにも、私の足が献花台に向かったのだろう。
人質事件で亡くなられた日本の方々へ。自分の使命に誇りを持って、乾いたアルジェリアの地で汗を流していたあなた方のことを、私は忘れない。そして、今の私にはある、自分の“生”をこれからどう使うかを考えさせてくれたあなた方に、ありがとうと言わせてください。




この日記は、2013年1月16日の事件発生直後から思っていたことをiPhoneにメモしていたものを、今回NHKの取材に応じてまとめてWEB上にアップしたものです。

スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/02/13(水) | 徒然日記 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

querico

『☆ぼんじょるのさん』

いつもコメントをいただきありがとうございます。この事件に関しては、いろいろと考えさせられました。ぼんじょるのさんにも共感していただいて、とても嬉しいです。

2013/02/14(木) 05:48:22 | URL | [ 編集]

ぼんじょるの

『こんばんは』

quericoさん、こんばんは。
いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。

私も、今回の事件では思うことが多々あります。
quericoさんのお考えには、私は賛成するところが多分にあります。

全部ポチっと応援させて頂きます。

2013/02/13(水) 23:34:21 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1168-1e50d72a
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。