スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

たまには主役。胡瓜と豚肉のピリ辛炒め。

0516kyuriitame_1.jpg

胡瓜、きゅうり、キュウリ、、、♪♪

もうだいぶ少なくなりましたが、うちに大量の胡瓜があったんです。

イベントの準備で地元のマーケットにピクルスを作るための胡瓜を買おうとしたら、
八百屋さんでりっぱな胡瓜がひと山200円というのがありました。
このひと山ってのが、盛りがすごくて、、、20本はありましたね。
ひと山5本で100円があったのだけど、20本で200円だと値段が半分。
家でも使えばいいや、と思ってそっちを買いました。こういうところはやっぱり主婦ですよね。。

0516kyuriitame_3.jpg

ピクルスには8本もがんばって使ったのだけど、でもあと12本もある。
しかも、1本がすごいでかい。

その日のお昼から、ほぼ毎食、胡瓜を1本ずつ味噌を付けて食べてます。

0516kyuriitame_2.jpg

このお味噌ってのが、また美味しいんですよ。
いただきもので、長野のほうで無農薬野菜の畑をしている方が作った
原材料もまったくの無農薬の手作り甘味噌でして、市販の味噌のような滑らかさはなく
粒々していて、いかにも手作りーって感じで、甘くて、美味しいのです。
味噌汁に入れるのはもったいないので、こうして生で食べてます。

まずは胡瓜を使ったメインディッシュ。

胡瓜って、サラダとか、漬物とか、いつも脇役ばかりで、
なかなか主役には格付けされませんよね。
でもその日は、メインに使ってあげることにしました。

■ 胡瓜と豚肉のピリ辛炒め ■
2人分 

<材料>
胡瓜 2本
豚肉(切り落としなど) 100g
ナス あれば1本

A.醤油 大さじ1
A.酒 小さじ2
A.テンメンジャン 小さじ1
A.ラー油 小さじ1/2
中華だしまたは鳥ガラスープ 小さじ1/2くらい
豆板醤 小さじ1
生姜 小さじ1(みじん切り)
ごま油 大さじ1弱

1.豚肉は切って、塩と酒少々(分量外)で下味をつけておく。
2.胡瓜は麺棒などで叩き、中を壊して柔らかくして、乱切りにする。なすも乱切りにする。ナスは塩をふっておく(こうすると、油や味がしみやすくなる)
3.中華鍋またはフライパンにごま油を温め、豆板醤を加えて炒め、香りを出す。続けて生姜もすぐに入れて炒める。
4.豚肉を加えて炒め、色が変わったら、ナス、続いて胡瓜を加えて炒める。中華のだしを振り、全体に火を通るまで炒める。最後に、Aの合わせ調味料を回しかけて、全体に絡めて、お好みでラー油を垂らしてできあがり。

:胡瓜はゆっくり炒めると水分が出るので、強火で一気に炒めてシャキシャキ感を残します。


0516kyuriitame_1.jpg

パッパと炒めて、ちょっと濃いめに仕上げるのがよいです。
ピリ辛熱々のうちに、いただきましょう。
冷めると水っぽくなるので、出来たてを食べきっちゃうのがおすすめです。

ピリ辛でビールにもよく合います~


スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/05/21(火) | 野菜のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1210-4d9338ee
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。