スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タピオカ粉でポン・デ・ケージョ

0601pondequello_1.jpg

何の理由もありませんが、ポン・デ・ケージョを作ってみました。
突然、作ってみたくなったのです。
デスクワークが何日か続いて、そればっかりじゃあなんだなー、って気晴らしに何か作ってみることにしました。
ゴソゴソと製菓材料のストックをあさってみたら、、、そうそう。本物のタピオカ粉あったのです!

タピオカ粉のミックスとかならわかるけど、普通、家に本物のタピオカ粉なんて、ないよねえ。
これは主人がブラジルの土産に買ってきてくれたもの。買物好きの主人には感謝です。

0601pondequello_5.jpg
これがそのタピオカ粉。
ポルトガル語でマンジョッカって書いてあるのだけど、タピオカ粉とは、マンジョッカという
キャッサバ芋の一種の芋の澱粉を粉にしたものです。

ペルー料理の荒井商店さんのレシピ本を参考に作ってみました。
それは、日本でも手に入る材料で作れるように白玉粉を材料にしたものだったのですが、
それをタピオカ粉でやってみました。が、粉の性質が違うので、途中から自分で適当に調整をして作りました。

作ってみると、意外に簡単~♪
私が作ったレシピをご紹介します。

■ タピオカ粉でポン・デ・ケージョ ■
約20個分 調理時間30分

<材料>
タピオカ粉 110g
粉チーズ 35g
牛乳 50㏄
塩 ひとつまみ
卵 1個
サラダ油 小さじ2

1.タピオカ粉に塩、牛乳、サラダ油を加え、手で全体が馴染むように混ぜる。
2.卵を加え、だまを潰すような感覚で混ぜ、さらに粉チーズを加えて全体をまとめる。
3.少量ずつとり3cmくらいのボール型に丸め、天板に間隔を開けて並べる。
4.180度に予熱したオーブンで18分くらい焼く。

0531pondequello_1.jpg

できあがりです。あちち~!

0601pondequello_3.jpg

ちょっと丸め方が小さすぎました。^^;
手に持つと、こんなに小さい。

出来たてはこんな風に、モチモチっとした感じです。
うん。美味しい

だけど、次の日になったら、けっこう硬くなってしまいました。
朝食でこれを食べた娘には“かたーい”って言われちゃいましたよ。とほほ。。。

0601pondequello_4.jpg

どうやったら、冷めてもモチモチのポン・デ・ケージョになるのかしら?
それから、もう少しチーズの風味もほしかったかな。

次はもっと美味しくできるように、またチャレンジしたいと思います。

    
スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/06/04(火) | 麺・パスタ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1219-b7f3c276
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。