スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ペルーの中華に挑戦!ロモ・サルタード

0726lomosaltado_4.jpg

今日はペルーの中華に挑戦です。
ペルーには古くから中国人の移民が多かったんでしょうね。中華料理がペルーで発展して、ペルー綾里の一部になっている料理がいくつかあります。その代表的なのがロモ・サルタード。ペルーのどこでも食べられる代表的な料理です。

ロモ・サルタード~Lomo Saltado~
スペイン語でlomoは牛肉。Saltadoはsaltar=フライにする” の動詞からきています。
だからつまり、牛肉炒め。
あれ?そのまんまか。笑

フライドポテトが入るところが、おもしろいんです。
野菜炒めにじゃがいもが入るところは、やはり、ジャガイモの原産地ならではですね。

レシピは私が大好きなペルー料理屋さん荒井商店さんのレシピを参考にしましたが、我が家流に野菜多め。それから、牛肉が、塊でなくエコに切り落としを使っています。


■ 我が家流。ロモ・サルタード ■
4人分 

<材料>
牛肉(塊がベターですが、切り落としでも) 250g
玉ねぎ 小1個
じゃがいも 中3個(300gくらい)
トマト 1/2個
ピーマン 1個

醤油 大さじ2弱
酢 大さじ1
バルサミコ酢 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
アヒ(ペルーの唐辛子)小さじ1、または鷹の爪 適量 
にんにくすりおろし 小さじ1

1.フライドポテトを作る。ジャガイモの皮を向いて1.5cm四方の細切りにして中温で揚げる。
2.牛肉は食べやすい大きさに切り、塩こしょう(分量外)をする。
  玉ねぎは串切りにする。トマトも串形または食べやすい大きさに切る。ピーマンも同様に。
  すべてをジャガイモのサイズに合わせる。
3.中華鍋に油を熱し、牛肉を炒める。色が変わったらアヒ、にんにくのすりおろしを加える。
4.玉ねぎ、ピーマン、トマトを加え強火で炒め、砂糖、酢、バルサミコを加える。
5.ジャガイモを戻し、醤油を加えて強火で回し、全体に絡める。

ポイント中華を作る要領で、全部を用意してから、強火で一気に炒めます。野菜の水分が出てくたっとなってしまわないように!

フライドポテトを作るのがめんどうな場合は、市販のものでもOKだそうです。

できあがり!

0726lomosaltado_3.jpg

油をしっかり使っているので、色がよく出てきれいに仕上がりました。

オリジナルのレシピではバルサミコ酢はなかったのですが、なんとなく合いそうなので使ってみたら、
これがいい感じ!

実家の両親にも食べてもらったのですが、エスニックな料理なんて、てんで得意じゃない父が意外にパクパク。笑 たくさん食べてくれました。

ペルー料理を割と食べ慣れている夫からも、これは◎。
太鼓判をいただきました~

野菜たっぷり我が家のロモ・サルタードは、ひとまず成功



0726lomosaltado_2.jpg

トップと同じ写真のようですが、実は違うカメラで撮ってみました。
一番上の写真は、最近買ったミラーレス一眼。
↑こちらはいつもの、iPhone。
あんまり差がないと悲しいんだけど、、^^; 
でもやっぱり接写を撮るとちがいがわかるわね。
色味も、自然光で撮った時はもちろん、光が少ない時の色の出方はやっぱりいいカメラは違いますなあ~。

まだまだオートで撮っているだけですが、これからもっと練習しーよっと。

スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/07/28(日) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1256-e11f0c77
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。