スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ほっこり。すくなかぼちゃのポタージュ

0925potage_2.jpg

だんだんと涼しくなってきて、あったかいスープも飲みたくなってきましたね。
連休中に実家で、『しあわせのパン』という映画のビデオを観たら、それ以来かぼちゃのポタージュが飲みたくなってしまって、、。この時はまだまだ暑かったのですが。

ちょうど埼玉に住む知人から自分の畑で作った"すくなかぼちゃ"というかぼちゃをいただいたので、これで作ってみました。



0925potage_4.jpg

すくなかぼちゃ
“宿難南瓜”って書くそうです。有名な産地は、岐阜のほうらしいです。
ずいぶんと立派でしょう!
知人の家に置いてあるのをみて、これはへちまがひょうたんか何かかと思ってしまいましたよ。

その前の日に、蒸して食べてみました。

0925potage_3.jpg

しっとりしていて素朴な甘さがとっても美味しいです。
私の好みの、粘質系です。しっとり水分が多いタイプ。
ほくほくの粉質系のかぼちゃは、喉につまって、どうもあんまり好きじゃありません。

粘質系だから、きっとスープにもむくはず。
実家にある鍋とふるーーいミキサーで簡単にできました。

それではレシピです。もちろん、普通のかぼちゃで作るのと同じです。

■ すくなかぼちゃのポタージュ ■
4人分 

<材料>
すくなかぼちゃ 正味250g
たまねぎ 中1/2個
バター 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1/2
塩 少々
胡椒 少々
水 1~1.5カップ
牛乳 1カップ
※水と牛乳の割合はお好みで変えてもOKです。

1.かぼちゃはタネをとって、3~4cm角に切る。めんどうでなければ皮を剥く。(私は皮つきのままでした)玉ねぎは粗みじん切りにする。
2.深い鍋を温めてバターとオリーブオイルを入れて溶かし、玉ねぎを入れて焦がさないように炒め、続いてかぼちゃも加えて炒める。
3.全体に油が回ったら、水を加えて中火で煮る。
4.かぼちゃが柔らかくなったら、火からおろし、時間があれば粗熱をとって、ミキサーに入れてなめらかになるまで撹拌する。
5.4を再び鍋に戻し、温めなおす。再度沸騰したら、牛乳を加えて好みのゆるさにする。塩こしょうで味を調えたらできあがり。

ほんとに簡単!
ミキサーやブレンダーがない方は、そのままのかぼちゃゴロゴロでも美味しいです。
牛乳を多めにすれば、もっとクリーミーな味になります。お好みで調節してください。

0925potage_1.jpg

映画では、浮きみにかぼちゃの種を浮かべてました。
残念ながら、なかったので、代わりに枝豆。笑

とろ~り。自然な甘さが引き立つスープです。
娘も母も、ペロリと食べてくれました。
父だけは、こういう甘いのはどうも、、って残されちゃったけど。ははは。笑

かぼちゃのポタージュ。
かぼちゃの豊富な栄養をいっきにとれてますね。

かぼちゃは、カロテンがとても豊富で、これは体内に入るとビタミンAになります。
網膜を強くしたり、免疫を高め、風邪予防、などの効果があります。

これからの季節にぴったり。これからの季節にぴったりの野菜ですよーー。
スープにして、ココロも身体もあったまってくださいな。
スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/09/25(水) | 野菜のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1297-84309003
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。