手づくりトルティーヤでタコスパーティー~おうちで作れるラテン料理教室~

1011choilatinclass_1.jpg

秋の3連休。金曜の料理教室に始まり、娘の運動会、ダンスのイベント、地域の運動会と、予定が押し寿司状態で、アップが遅くなりました。って、ごめんなさーーい。^^;

金曜のおうちで作れるラテン料理教室は、とても楽しいクラスでした。少ない人数で素晴らしいチームワークのおかげで、手作りトルティーヤが大成功!試作よりもずっと美味しくできたので、もう~ほんとに感動しちゃいましたよっ!
生徒さんよりも、講師が一番喜んでいたかも。。。笑

今回のメインテーマの手作りトルティーヤと具材を入れたタコス。その他のメニューをご紹介しますね。

まずは、トルティーヤですが。今回はコーンではなくて、フラワートルティーヤ。
小麦粉をベースにしたトルティーヤを作りました。
一般的なレシピでは強力粉+薄力粉半々くらいで作るのですが、これだとどうも、仕上がりがかたい。
冷めるとすぐに硬くなってしまって美味しくない。強力粉の他に米粉を入れたり、はちみつを入れたりと、何度も試作を重ねた結果、私は薄力粉100%が一番柔らかくできました。

1011choilatinclass_10.jpg

■ Querico流手づくりトルティーヤ ■
手のひら大サイズ8枚くらい

薄力粉 240g
ベーキングパウダー 小さじ1/2
熱湯 140㏄
塩 ひとつまみ
オリーブオイル 大さじ1

1.粉類、塩をボウルに入れて混ぜ、周りから熱湯を注ぎ、熱いうちはお箸などでかき混ぜる。
2.手で触れる温度になったら手で混ぜて、生地にむらがなくなってきたら軽くまとめる。オリーブオイルを加えてさらに混ぜ。しっとりしたらひとまとめにする。赤ちゃんの耳たぶくらいの柔らかさが目安。
3.2を筒型にまとめ。ラップでしっかりとくるみ、30分近く休ませる。
4.スケッパーで8分割し、一つずつ丸めて、うすくのばしていく。のばしたら中火に熱したフライパンまたはホットプレートで油は引かず。順々に焼く。片面をしっかりと焼き、焦げ目がついてきたらひっくり返し、裏側は硬くならないように、さっと焼いて取り出す。
5.焼き上がったトルティーヤは布巾などに包んで乾燥をふせぎ、熱いうちにすぐ食べるのがベスト。

1011choilatinclass_2.jpg

焼きたて~。しっとり、やわらかいです!
何枚も焼いて重ねると、湿度が保たれてよいみたい。けっこう長い時間しっとりとしていました。

トルティーヤが焼き上がったら、、、

1011choilatinclass_6.jpg

全部並べて、さ~タコスパーティーです!


131011choilatinclass_4.jpg

メインの具材は、チリ・コン・カルネです。
これもみんなで作りました。とってもうまくできました~。
作り方は、こちら→★をどうぞ。


1011choilatinclass_7.jpg

もう1種類の具材は、塩鶏+サルサ・メヒカーナと、ハニーマスタードチキン。塩鶏がとても柔らかくて好評でしたよ。

1011choilatinclass_5.jpg


1011choilatinclass_3.jpg

こちらはワカモーレ。タコスに入れたり、ディップにしたり。
サルサ・メヒカーナをベースに、潰したアボカドを足して簡単にできます。


1011choilatinclass_8.jpg

かぼちゃのポタージュも作りました。
保土ヶ谷区西谷のFRESCOさんで買った、雪化粧かぼちゃを使いました。
しっかり濃厚でクリーミー、かぼちゃの甘さもたっぷりです。
作り方はこちら→★を見てね。

1011choilatinclass_9.jpg

このかぼちゃでデザートのプリンも。
生クリームと洋ナシのコンポートを添えて。コーヒーは大好きなグアテマラコーヒーです。
プリンの作り方は→こちら★です。


お腹もいっぱい、ココロもあったか~
みなさんハッピーになってくれて、私もとってもハッピーでしたよ。
お疲れさまでした! そして、ありがとうございました。

おうちで作れるラテン料理、次回11月はペルー料理を作ります。
ホームページに詳細をアップしますね。

Muchas gracias.
¡Nos vemos pronto!

スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/10/14(月) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1313-ff9725ee
 |  HOME  |