スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ペルーのおやつ、ピカロン風ドーナツ

【レシピブログの「おいしい&楽しい♪ハロウィンレシピ」モニター参加中】

1019pikarones_2.jpg

ペルーの屋台などで売られているドーナツ、ピカロン(picarones)を作ってみました。
生地にかぼちゃがたっぷり入っている、素朴な味のドーナツ。シナモンなどのスパイスが入ったシロップをたっぷりかけて食べます。
ラテン料理のマルシェで出すデザートに、ちょうどハロウィンだからかぼちゃを使ったお菓子にしようと思って。
レシピは、ペルー料理レストラン、荒井商店さんのレシピを参考にしました。しかし何度か試作をしてみたものの、なかなか、私が思い描いているようにしっとりやわらかくならない。((+_+))
試作の末、本来とは違う作り方だと思うけれど、どうにかやわらかいピカロンができました。そういうわけで、これはオリジナルバージョンのピカロン風ドーナツという感じですね。
生地とシロップにモニターでいただいたオールスパイスを入れてシナモンの風味をきかせました。

そんな感じですが、レシピです。

ハロウィン料理レシピ
ハロウィン料理レシピ


ペルーのおやつ、ピカロン風ドーナツ ■

15個分くらい

<材料>
かぼちゃ 200g
強力粉+薄力粉 260g (割合は5:1くらい)
卵 1個
水 150㏄くらい
砂糖 15g
塩 ひとつまみ
ドライイースト 小さじ0.8
GABANオールスパイス 少々

≪シロップ≫
黒糖 50g
水またはオレンジジュース 25cc
GABANオールスパイス 少々
GABANクローブ 一粒

1.かぼちゃの種を取り除いて適当な大きさに切り、シリコンスチーマーなどに入れて電子レンジで加熱し、やわらかくなったら皮を取り除いてマッシュにする。粉類と砂糖、塩、オールスパイスを合わせておく。
2.ボウルに1を合わせ、粉の中央にドライイーストを入れて水を回しかけ、パン生地を作る要領でこねる。またはホームベーカリーでもOK.
3.35~40度で30分ほど発酵させる。
4.3を打ち粉をした台に取り出し、3cm大のボールにする。真ん中に穴を開けてくるくる回してドーナツ型にし、中温(やや低め)の油でゆっくり揚げる。
5.シロップを作る。材料を小鍋に入れて火にかけ煮詰める。カラメルソースよりも少し緩めの感じでOK.
6.揚げ上がったドーナツにシロップをかける。

1019pikarones_3.jpg

わーい!ふわふわ~
ピカロン自体はそれほど甘くないので、シロップはたっぷりかけて食べるのが美味しいんです。
黒糖が溶けて焦げたほろ苦さとスパイスが、ラテン風?深みがあって、クセになる甘さです。

ちょっと本物を食べた記憶がとーっても昔なので、また食べに行きたいなあと思っています。
スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/10/23(水) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1318-6ed8ffd6
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。