スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

旬の味。カリフラワーと南瓜のマリネード焼き

1105curryflower_1.jpg

カリフラワーは今が旬です。
カリフラワーというと、小さい頃、茹でたカリフラワーにマヨネーズとケチャップを混ぜたピンク色のソースをつけて食べるという、母の味を思い出します。

カリフラワーって、ブロッコリーと比べて生産量も少なくお値段も高いのであまり買いませんが、珍しく美味しそうにギュッと詰まって新鮮なカリフラワーを見つけたので、買ってみました。
これってキャベツの前身だって知っていました?あの食べている実の部分は花蕾(からい)と言ってつぼみ、なんですよ。
ビタミンCを豊富に含むので、美肌や疲労回復によいとされます。さらに、含まれているイソチオシアネートには免疫機能を高める効果があると言われ、女性には特に嬉しい野菜。モリモリ食べたいですね。


今回はマリネード焼きにしてみました。
硬めの歯ごたえはばっちり。酸味と塩気がちょうどよくて、ハーブもきいていて、大人向けの野菜のおかずになりました。一緒に焼いたかぼちゃは甘くて、ちょうどいいバランス。

■ カリフラワーとかぼちゃのマリネード焼き ■
2人分 調理時間30分

<材料>
カリフラワー 1/2房
かぼちゃ 1/8個(250gくらい)

≪マリネ液≫
オリーブオイル 大さじ2
白ワインビネガー 大さじ2
レモン汁 大さじ1
塩コショウ 適量
タイム(乾燥) 少々
ローズマリー(乾燥) 少々

1.カリフラワーは小房にわけ、熱湯でさっと硬めに茹でる。食べやすい大きさに切る。
2.かぼちゃは厚さ5mmに切る。
3.マリネ液を作り、1と2を15分ほど漬けこむ。
4.オーブン、200度で15分ほど焼く。焼き色がついたらOK.
5.皿に盛り、表面が乾燥している場合は再度オリーブオイルをかけ、できあがり。


1105curryflower_2.jpg

こんがり、いい~色に焼けました。
カリフラワーはコリコリ。かぼちゃは甘くてしっとり、です。
娘の好物の海老も最後に足してみた。もちろん、これには食いつきました。

1105curryflower_3.jpg

ブロッコリーやカリフラワーはこれからが旬で美味しいですよ。
新鮮なのを見かけたら、ぜひぜひ、食べてみてね。
スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/11/06(水) | 野菜のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1329-e32bb523
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。