圧力鍋で骨まで軟らか~♪秋刀魚の生姜煮

1108sanmashougani_2.jpg

11月に入ってめっきり寒くなりました。気がつくと周辺の緑も少しずつ色づいてきてます。秋ですね~

夕飯時に飲むのも、ビールから焼酎お湯割りに変わってきました。
今日は焼酎がすすんじゃう、和のおかず、秋刀魚の生姜煮です。

我が家の煮込み料理に大活躍している、オースの圧力鍋に登場していただきました。
加圧10分と、今回はやや長めですが、そのおかげで、ほんとに骨までやわらか~!
骨を外すことなく、そのままパクっと食べれました。残ったのは、しっぽくらい、かな。笑

材料と調味料を入れて、あとは鍋の蓋を閉めたり開けたりするだけ。ほんとに手間なしで助かる~

圧力鍋で骨までやわらか!秋刀魚の生姜煮 ■
3~4人分 調理時間30分

<材料>
秋刀魚 3尾
生姜 20g(2かけくらい)
大根 お好きな量
だし汁 300CC (または水+昆布)
A.砂糖 大さじ1
A.みりん 大さじ1~2
A.醤油 大さじ2強
A.酒 大さじ1

1.秋刀魚は頭、腹を切り、内臓を取りキッチンペーパーで拭きとってきれいにし、4等分に切る。
2.生姜は薄くスライスにする。大根は皮を剥いて大きめの半月型に切る。
3.圧力鍋に秋刀魚と野菜、だし汁、調味料を入れて蓋をする。(しっかり蓋や栓がしっかり閉まっていることを確認)強火で加熱し、加圧が始まったら火を弱めて10分。その後火を止めて自然冷却する。
4.圧が完全に下がり、蓋が開いたら、蓋をせずに弱火で10分ほど加熱して煮詰め、煮汁が半量くらいになれば完成。

ほんとに簡単~♪

1108sanmashougani_2.jpg

20分の加熱時間の割には、味がしっかりしみ込んでます。

1108sanmashougani_1.jpg

身はふっくら。骨までやわらかくて、ぜーんぶ食べれちゃいます。あ、残ったのは、しっぽとひれだけ。笑
小さな子供にあげるにも、それほど骨を気にしなくていいですよね。
うちの子は、骨があるとすぐに見つけて出しちゃうんです。

オース圧力鍋が今日も大活躍でした。ご紹介サイトはこちら→☆
この日はこの秋刀魚と、焼酎お湯割り。生姜と、ホット焼酎で、あったまります~~
スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/11/09(土) | 魚のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1332-30b4bd0c
 |  HOME  |