お礼~ちょいラテンカフェ。and ピーマンの肉詰めラテンスタイル

1113latincafe_5.jpg

ブログのアップそしてお礼が遅くなり、すみませぬ。。。
昨日のちょいラテンカフェは、おかげさまで完売でした。ランチ、そしてデザートも。
お越しくださったみなさん、そしてお手伝いいただいた方も、ありがとうございました!
みなさんから、"おいしかったー、とか、"どこの料理?初めて食べたー”"スパイスがきいててひと味違うね"とか、"お腹いっぱーい"などの感想を口々にいただいて、本当に嬉しいです、励みになります。

1113latincafe_1.jpg
メニューはこんな感じです。

メインは。Pimiento relleno~ピーマンの肉詰めラテンスタイル~。
お友達のペルー人のママのレシピを参考にさせていただきました。

1113latincafe_4.jpg

写真を撮る余裕がまったくなかったので、ピークが過ぎたあとの最後の一人の方の料理をなんとかパチリ。
焼けてから時間が経ってしまったので、チーズの熱々感が消えて、乾いてしまったのがちょっと残念なのですが。。。((+_+))


1113latincafe_3.jpg

それから、サラダやキヌア入りのミネストローネには、はま野菜を使っています。
濃厚なトマトベースに、アンデス原産のスーパー雑穀キヌアと、にんじんやかぶ、さつま芋などの横浜の野菜をたっぷり。


幼稚園生の子供のママや、赤ちゃん連れのママのお客さんが多かったせいか、デザートのかぼちゃのプリンとさつまいもと胡桃のパウンドケーキも瓜いきれまして。ありがとうございました~


ペルー料理といっても、そんなに珍しい食材を使う訳ではありません。ふつーの家庭でも作れますよ。
それでは、家で試作した時の、家庭向けの量のレシピをご紹介しますね。

■ Pimento Relleno ~ピーマンの肉詰め ラテンスタイル~ ■
2人分 

パプリカ(赤) 2個
合挽き肉 100g
たまねぎ 中1/2個
にんにく 1/2片くらい
クミンパウダー 適量(小さじ1/2くらい)
GABANセージ 少々
チリパウダー 少々
パプリカパウダー 少々
塩 適量
コショウ 適量
オリーブの実 2個
茹で卵 1/2個分
ピーナツ 大さじ1
レーズン 大さじ1/2くらい
クリームチーズ 2切
とろけるスライスチーズ 1枚

1.たまねぎ、にんにくをみじん切りにする。ピーナツは粗く刻む。
2.フライパンにオリーブオイル少々を温め、にんにくをいれて香りをだし、つづいて玉ねぎ、クミンパウダー、を加えて炒める。
3.合挽き肉を加えて炒め、完全に火がとおりきる前に火を止める。ピーナツとレーズンを加える。
4.パプリカは立てた時に上になる部分を少し切り取り、中の種と筋を取り除く。肉厚で硬い場合は、ここでさっと茹でて少し柔らかくする。
5.パプリカの中に3の具を詰める。立てた時に傾いて不安定な場合は、下の部分を少し切って調整する。パプリカの底に具を少し入れ、続いてオリーブ一粒、クリームチーズ一切れを入れる。かぶせるように続いて具を入れて、ぎゅっと詰める。
6.一番上に、とろけるスライスチーズを半分に切ってのせ、オーブン200度で20~25分焼く。チーズがとろて焼き色がついたらできあがり。

※焼きの温度は、ご家庭のオーブンに合わせて調整してください。

1113pimentonrelleno_1.jpg

ピーマンの肉詰めと言っても、使っているのはパプリカです。
中南米の、pimiento=ピーマンというのは、日本のピーマンと違ってとても大きくて赤いものが多いのです。
なので、肉をボリュームたっぷり詰めるために、パプリカを使いました。
こちらは、黄色いパプリカを使ってみたものです。
中の具材は一度火が通っているので、ピーマンが焼けてチーズが溶けたところで、できあがりです。
パプリカが肉厚でしっかりしていると、オーブンで焼く時間がけっこうかかるので、予めパプリカを茹でておくと、実際の焼き時間はもっと短くできます。


1113pimentonrelleno_2.jpg

切ってみたら、ほーら。中身はこのとおり。
クリームチーズと茹で卵がちゃんと入っていますよー。見ても楽しいですね。

以上、こちらがレシピになりますが、次回のラテン料理教室で、これを皆さんで作ります。
日程などはこちらをチェックしてくださいね。


ワインに合う料理レシピ
ワインに合う料理レシピ

【レシピブログの「ワインと楽しむ大人の一皿」レシピモニター参加中】
スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/11/15(金) | 料理教室 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1335-2802d716
 |  HOME  |