ハヤトウリの味噌炒めと、保育園のおたのしみ会

1207hayatouri_1.jpg

冬が近付くと、毎年のように実家からハヤトウリをもらうんです。
ハヤトウリって、日本ではそれほど馴染みがないかしら?
実家の方では誰かが作っているのか、よくもらうのでたいして珍しくないのですが。

1207hayatouri.jpg
(Wikipediaから写真お借りしました)

中南米ではこれ、chayote(チャヨーテ)と言われる野菜でよく食べるんです。
なるほど、南アメリカが原産の植物だそうです。
ニカラグアにいた時も、挽肉と一緒に炒め物にしたり、スープに入ってました。
淡泊な味なので割としっかり味をつけます。シャキシャキした食感が美味しいです。

日本では漬けものにするのが一般的のようですが、今回はラテン風に炒め物にしてみました。
って言っても味噌炒めだから、和風だわね。笑

■ ハヤトウリの味噌炒め ■
2人分 調理時間15分

<材料>
ハヤトウリ 1/2~1個(大きさによる)
豚小間 100g
その他のお好みの野菜(にんじんやたまねぎ、ブロッコリーなど)適量

A.味噌 大さじ2
A.醤油 大さじ1/2
A.酒 大さじ1
A.オイスターソース 大さじ1/2

1.ハヤトウリは皮を剥き、厚さ3mmほどの食べやすい大きさに切る。他の野菜もそれに合わせて切る。豚小間は食べやすい大きさに切り酒と塩で下味をつけておく。Aを合わせておく。
2.フライパンに油と生姜を温め、火は生姜を炒め香りがでたら火を強火にして豚肉を加える。色が変わったらハヤトウリと野菜を加えいためる。
3.8割方火が通ったら(ハヤトウリは硬いのでやや時間がかかる)Aの調味料を全体に回し入れて強火で炒めよく絡める。

1207hayatouri_2.jpg

シャキシャキの食感がいいです。
味噌とオイスターソースでやや濃いめに仕上げましたが、淡泊な野菜なので味が薄いとぼやけてしまうので、濃いめがいいです。


昨日は娘の保育園のおたのしみ会でした。

1207otanoshimikai_2.jpg

3つの絵本のストーリーを合わせた劇。ひとつは『おおきなかぶ』あとは、一つはおいもが出てくる話だって。
娘は"炎くん"の役で掘り起こしたお芋をパチパチと炎が焼いて、焼き芋にするんです。
そしてみんなで食べるんだって。
4歳児のクラスは、まだ台詞はほとんどなく、先生がリードしてましたが。笑

1207otanoshimikai.jpg

合唱も。みんなてんでバラバラの方を向いているところがおかしいんだけど、がんばってました。
この一年で、ぐーんと背が伸びた子もいたし、どの子もみんな成長したなあ~


スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/12/08(日) | 肉のおかず | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

querico

『☆ぼんじょるのさん』

いつもコメントをいただきありがとうございます。
ハヤトウリ、炒めても美味しいです。シャキシャキの食感が好きです。
ぼんじょるのさんはどうやって食べますか?

2013/12/09(月) 18:37:23 | URL | [ 編集]

ぼんじょるの

『こんばんは』

quericoさん、こんばんは。
いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。

ハヤトウリを炒めたのですね。
とても美味しそうです。
味噌と合わせるというのがいいですね!!

全部ポチッと応援させて頂きます。

2013/12/08(日) 19:49:55 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1352-5df6552b
 |  HOME  |