メキシコの定番、トルティーヤスープ~Sopa de Toltilla~

131218latinclass_5.jpg

おうちで作れるラテン料理教室で作ったメニューの中から、今日はこのスープをご紹介します。

トルティーヤスープ ~Sopa de Tortilla~
メキシコではよく食べられる定番のスープです。
メキシコ本場のトルティーヤはとうもろこしの粉(マサ)から作ったコーントルティーヤなのですが、これはタコスを包む皮だけでなく、ほとんどの料理の付け合わせや、スープの具にも使います。
あとは煮込み綾里のとろみづけにも入れたりするんです。メキシコ料理にはなくてなならない食材なんですね。

トルティーヤを入れたスープにもいろんなレシピがありますが、今回は比較的簡単で作りやすいものを選びました。
簡単に言うと、ミネストローネにメキシコのチレとトルティーヤとチーズ、ライムが入ったもの、という感じです。
日本でコーントルティーヤはちょっと手に入りにくいし、作るのもたいへんだったので、今回はコーンチップスを使いました。
100%コーン、塩味の無いプレーンのもので、KALDIで買ったのだけどこれが一番、近いんじゃないかと思います。

131218latinclass_1.jpg

それからもうひとつ欠かせないのがチレ。
こちらは、チレ・グアヒージョ(Chile Guajillo)という唐辛子です。
本来のレシピではチレ・パシージャというもっと大きくて褐色のチレを使いたかったのですが、入手できたのがこれでした。チレ・グアヒージョは種を取ってしまえば辛くなく、かじれるくらい。ダシとしても使い、昆布に似たコクのあるうま味があります。
日本じゃまず手に入らないですよね。その場合は普通に鷹の爪で代用できます。

それではレシピです。

■ トルティーヤスープ~Sopa de Tortilla~ ■
4人分 調理時間約40分

<材料>
チレ・パシージャ 4本(煮込みと飾り用)
玉ねぎ 1/2個
にんにく ひとかけ
セロリ 1/2本
トマト缶 1缶
チキンスープ 2カップ
コンソメ 2個
塩 小さじ1~
モッツアレーラチーズ 60g
アボカド 1/2個
コーントルティーヤ 小4枚 またはチップスで代用
ライム 1個

1.チレはヘタと種を取り除く。
131219sopadetortilla_1.jpg
こんな風に種をとってねー

2.鍋に植物油(分量外)をやや多めにひき、チレを加え、焦げやすいので注意しながら炒める。色が変わって香りがでてきたら取り出す。
3.油の残った鍋に少し油を足し、にんにくを入れて香りをだし、たまねぎ、セロリを炒めて加えて炒める。
4.トマト缶、チレ2本、チキンスープ、コンソメを加えて20分ほど煮込む。
5.塩を味を調えて、器に盛る。8等分にスライスしたアボカド、一人15gにカットしたモッツアレーラチーズ、半分にカットしたチレを真ん中に浮かべ、コーントルティーヤも入れて、カットしたライムを添えてできあがり。


131218latinclass_5.jpg

ラテンカラーでメキシコって感じですね
ライムをぎゅっとしぼってどうぞ。

トマトベースでさっぱりだけど、チレのうま味もある。
モッツアレーラチーズが溶けだしてクリーミーになります。チーズとアボカドがうまい引き立て役です!
トルティーヤはパリパリのうちに食べてもよし、スープにつかってぐずぐずになったところを食べてもよし。

普通のミネストローネと作り方は似ているので簡単です。
ちょっと雰囲気を変えてメキシカンに~、なんて時には、おすすめですね。

131219sopadetortilla_.jpg

メキシカンパーティーの名脇役として、おすすめです!

¡Saludos!
スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2013/12/20(金) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1361-26100cdc
 |  HOME  |