スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シャキシャキ!ターサイと舞茸のオイスターソース炒め

0207tasaiitame_1.jpg

明後日の料理教室の買い出しで、足りない野菜を買おうと地元の商店街に行ったら、いつもの八百屋さんでターサイを見つけました。葉っぱがとっても濃い緑で、見るからに栄養ありそう!ちょっとブサイクにまあるく広がっているところもかわいい。ので思わず買ってしまいました。家には昨日農家さんから仕入れた野菜が山ほどあったのに。。。笑
調べてみたら、ターサイはβカロテン、ビタミンCが豊富な緑黄色野菜。小松菜などと同じく冬を代表する緑黄色野菜です。体内でビタミンAに代わるβカロテンは油と一緒に調理すると、その吸収を高めます。

夕飯に、さっと炒め物にしました。
やっぱり豚でしょう。あとは舞茸も。オイスターソースを仕上げに使って中華風にしました。


■ ターサイと舞茸のオイスターソース炒め ■
2~3人分 調理時間15分

ターサイ 2/3~1束
舞茸 1/2パック
豚肉(小間や肩切り落としなど) 100g
A.下味…酒小さじ2、塩少々
生姜・にんにく 刻んで小さじ1
塩麹 大さじ1
B.酒 小さじ1
B.醤油 小さじ1
B.オイスターソース 小さじ2

1.ターサイは株から葉を切り離して洗い大きい葉は半分に切り、さっと熱湯をかける。水気を切っておく。
  豚肉は食べやすく切り、Aで下味をつける。
2.フライパンで植物油を温め刻んだ生姜、にんにくを加える。香りが出たら豚肉を入れて炒め、色が変わったら舞茸と、潮麹を加える。半分ほど火が通ったら、ターサイを加える。Bを加えて強火で絡める。炒め過ぎず、シャキシャキ感が残る程度で火を止め、できあがり。

0207tasaiitame_2.jpg

あっという間です。
中華の炒め物ってほんとに、下準備が重要でメインの調理は最後のひと手間。
ターサイは予め湯通ししておくと、炒める時間が短く、クタクタにならなくてよかったです。
今日も隠し味に塩麹が大活躍。肉の下味にも使えるけど、私はよく茸系の炒め物に使います。よく合うよ。

野菜たっぷりでパクパク!

さらに、サイドにも野菜のおかずがたくさん並びました。
昨日農家さんから買った野菜のものばかり。

0207tasaiitame_3.jpg

手前は、あやめ雪の浅漬け。昆布と塩と少しのお酢で漬けたのだけど、うまい。
奥が、にんじんの葉のガーリック炒め。立派な葉つき人参が手に入ったら、いつもこれをします。
さっと下茹でしてから、にんにくとオリーブオイルと一緒にさっと炒めると、うまうまです!

スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/02/07(金) | 野菜のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1403-4c865a58
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。