鶏ささみの柚胡椒焼き梅しそ添えで、ビールと楽しむ和の食卓

【レシピブログの「和膳レシピコンテスト」参加中】

0623torisasamiyaki_1.jpg

日曜は梅雨が戻ってきて、朝はよく降りました。
午後からちょっと雨が小休止したので、家族でホームセンターに出かけて遅ればせながら今年のガーデニングの買いものへ。
割れていたプランターを買い替えて、今年はラベンダーとパセリ、ホーム桃太郎の苗を買いました。それから家にあったばネギとコリアンダーの根っこ、バジル、クレソン、レタスの種を主人と娘が植えました。うまく芽がでるかな~?
今年は自家製のハーブを料理にもいろいろ活用したいです。楽しみ~

今日は家のことで働いた日曜日でしたので、夕飯の、労いの一杯は美味しい。
レシピブログさんからいただいた和食に合うビール「和膳」と供にいただく、和の食卓でまとめてみました。

メインは鶏さささみの柚子胡椒焼き、梅しそ添え。
たん白な鶏ささみを、さっぱりと柚胡椒で味付けして焼いて、この時期らしく梅肉と紫蘇を添えました。
鶏ささみはフライパンで焼いたのに、ふっくら。粉をまぶしてから焼くのがポイントです。


■ 和膳といただく、鶏ささみの柚胡椒焼き 梅しそ添え ■
2人分 調理時間約30分

<材料>
鶏ささみ 4本 
A.柚胡椒 大さじ1
A.酒 大さじ1
A.醤油 大さじ1
A.みりん 小さじ2
片栗粉+米粉 適量

梅肉(梅干をたたく) 大さじ1
青紫蘇 3~4枚

1.鶏ささみは、太い筋を取り除き、中心の部分に包丁を入れて筋切りをして、Aを混ぜ合わせたつけダレに漬けて込み15分ほどおく。
2.食品用ビニール袋に粉と1を入れて粉を全体にまぶし、油をうすくひいたフライパンで焼く。弱~中火で蓋をして蒸し焼きにし、裏に返して両面に色が付けばできあがり。
3.梅干を叩いて梅肉を作り、紫蘇は千切りにする。焼き上がった鶏ささみを食べやすい大きさに切って皿に盛り、梅肉と青紫蘇を飾る。

下味を付けて焼くだけ、とっても簡単です。


0623torisasamiyaki_2.jpg

あっさりたん白な鶏ささみと柚胡椒はよく合いますね。
それに梅肉と青紫蘇で、さらにさっぱり。

粉をまぶしてから焼くのがポイント。旨みが逃げず鶏ささみなのに、ふっくらした食感です。


0623torisasamiyaki_1.jpg

和膳は、ほんとうにさっぱりしたビール。
アルコールもやや控えめで、スイスイいけちゃいました。



0623torisasamiyaki_3.jpg

さらに鰹のお刺身も並んで、旬の食卓
鰹も、うまー!こっちも和膳に合いますなあ。
初夏の料理には特に、生姜や大蒜、紫蘇などの香味野菜が大活躍です。




レシピブログMagazine Vol.3夏号 もうすぐ発売!
私のレシピも掲載いただきました♪

rbm03.jpg
スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/06/23(月) | 肉のおかず | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1500-16aedb19
 |  HOME  |