秋の果物でやさしい甘さ。スイートポテトアップルタルト

141211sweetpotatotarte_1.jpg

久々にスイーツのレシピです。
試作段階だったのですが、うまくできたので、自分の備忘録としてアップしちゃいます。m(__)m


クリスマスを通り過ぎてお正月向けのスイーツ。
美味しいお芋のきんとんをお菓子に、とイメージしてスイートポテトタルトを作りました。
りんごも入れて、おいしい秋たっぷりの焼き菓子。

さつまいもは、お友達の農家さんが作ったお芋で、紅はるかです。
しっとりしていて色も黄色くしっとりしていて、あまい。ねっとり系という感じで、スイートポテトには向いていると思います。
そのまま
紅はるかとりんごは柔らかめの、さんつがるを使いました。
タルト生地から手作りです。
ちょっと苦手なタルト生地。今回は失敗しなくてよかったわ。。。(*^_^*)


■ スイートポテトアップルタルト ■
<材料>18cmタルト型1台分

A)タルト生地
薄力粉 130g
オリーブオイル 35g
砂糖 25g
卵 25g
牛乳 大さじ2
塩一つまみ

B)スイートポテト
さつまいも 約500g
砂糖 50g
バター 30g
はちみつ 大さじ2
牛乳 50g
卵黄 1個分
塩 ふたつまみ

C)りんごのソテー
りんご 小2個分
砂糖 適量
クローブ 1粒
レーズン 好みで少々
シナモン 好みで少々

1.タルトを作る。ふるった粉、オリーブオイル、砂糖、卵を木べらでかき混ぜ、牛乳を少しずつ加えて混ぜ、まとまってきたら手で捏ねる。ひとまとめにしってラップでくるみ、冷蔵庫で少し寝かせる。
2.リンゴのソテーをつくる。皮を剥いて8等分、さらに5mmの厚さにきり、砂糖をまぶして少しおく。フライパンにほんの少量のオリーブオイルをひき、砂糖をまぶしたりんご、クローブ、レーズンを入れて軽くソテーする。お好みでシナモンをふる。
3.お芋のペーストを作る。皮を厚く剥いて適当な大きさに切り茹でる。竹串がすっと通るくらいになったらザルにあげて水気をきり、ボウルにさつまいもを入れて熱いうちに卵黄以外の材料を入れてマッシュにしながらよく混ぜる。最後に卵黄を加え混ぜる。
4.タルト台に1の生地を敷き詰め、余った端の部分は切り取る。(あまりはクッキーとして焼いても美味しいです)
底にフォークで穴をあけ、180度に余熱したオーブンで約15分、かるく焼き色が付く程度に焼く。
5.焼きあがったタルトに2のリンゴを敷き詰め、その上に3をのせ、平らになるようにならす。刷毛で水で溶いた卵黄を塗り、オーブン(余熱なし)180~190度で15~20分焼く。表面に塗った卵に焼き色がつけばOK。

できあがり~

141211sweetpotatotarte_1.jpg

スイートポテトはしっとり、タルトはこんがり焼き上がりました。
もうすこーし、卵に焼き色がこんがり着くと美味しそうだったかな。。。

今回は3つのパートに分かれているので肯定が多くてちょっとたいへん。
一度にやろうとすると時間がかかるので、りんご、お芋のペースト、タルトを別々のタイミングで作ってもいいです。


切ってみました。

141211sweetpotatotarte_2.jpg

りんごとお芋と2層になっています。
タルトはさくさく、りんごとお芋はしっとり。
そしてやさしい、自然な甘さです。
紅はるかがとてもしっとりしていて美味しいさつまいもだったので、素材の良さをうまく活かせました。



141211sweetpotatotarte_3.jpg

紅茶を淹れて、娘とティータイム
娘はお芋よりもりんごのほうが好きだったみたいで、そっちをおかわりしたいと言ってました。

秋の味覚満載のスイーツタイムでほっこり。




11月20日発売!
レシピブログ人気ブロガーによる70レシピ 5分でもう一品 野菜のおかずに、レシピ掲載いただきました。
cover_xs.jpg

お近くの書店、アマゾンでも絶賛発売中!
スポンサーサイト
陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2014/12/11(木) | スイーツ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/1597-f057ab0b
 |  HOME  |