FC2ブログ

生姜でポカポカごはんがススム!

冷え性で、毎年、冬が辛いワタシ。
漢方でもよく用いられる生姜は、身体を温める作用がありますね。
冷えや肩こりだけでなく、殺菌作用、せき、のどの痛みに効く、抗ガン作用など、身体にいいことづくし
今年の冬はいつもにも増して、生姜をいっぱい取って、身体の中からあったまるぞ~ 
と、作ってみたのがこれ。

1118shougani_2.jpg

生姜煮 ■
道の駅や市場でこういうの売ってるのを食べたことがあって、その味をまねて適当に作ってみました。
作り方はとってもカンタン。

生姜 
砂糖:醤油=1:1くらい
昆布 
鰹節削り

材料はこれだけ。
昆布は、だしをとった後の昆布を刻んだいれてみました。
細く刻んだ生姜、昆布、砂糖、醤油を鍋でじっくり煮て、最後に最後に鰹節(パック)を一袋くらい入れて風味を加え、煮詰まったら出来上がり。
佃煮風に、濃い目の味付けの方が美味しいです。

適当に作ったけど、ちょうどいい塩梅で、ほんと、ごはんがすすむ~!!

テレビでやっていましたが、生姜に含まれる、身体を温める働きをするショウガオールという精油成分は、加熱した状態で作用するらしい。なので、生姜は、加熱して食べる方がより効果的です。
これも、作り置きできるけど、食べるときにいちいち温めたほうがいいみたいです。


陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

おまけでもう一品。

1118beanssalsd.jpg

最近はまっているのが、このビーンズサラダ
柔らかく煮たキドニービーンズ、ブロッコリーの芯、みず菜、カマンベールチーズがお気に入りの組み合わせです。
全部を食べやすく、同じ大きさに切り、ドレッシングであえて最後に粉チーズをふってできあがり。
ドレッシングは、オリーブオイル:酢+レモン=1:1 塩、胡椒、好みで砂糖少々。お好みでバルサミコ酢でも合います。

豆も健康レシピの一つ。毎日少しずつでも食べるのがよいですよ
スポンサーサイト



2010/11/22(月) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(5)

«  |  HOME  |  »

querico

『☆kacchan』

わかる~。好きなもの似てるわね。豆に生姜、おいしくて、身体にもよくて、大好きです。そのまま泡盛のお供とは、kacchanらしいですな。ワタシもすりおろしてお湯割りに入れたりするよ。

2010/11/24(水) 17:12:33 | URL | [ 編集]

kacchan

『No title』

豆に生姜。
たんぱく質、繊維質、それに発汗効果と
日本人にあった最高のPowerFoodです。
私は生姜をかじりながら泡盛やBeerを
飲んでます。

2010/11/24(水) 08:31:22 | URL | [ 編集]

querico

『生姜ファン!』

ここにもいましたね~。
☆姫ちゃん
毎日食べ続けるっていいことだよね。生姜パワーで冬を乗り切りましょ。これ、簡単だからぜひ作ってみてね。


☆ぐっさん
乾いた生姜、保存してたら、すぐにカビがきて真っ白になっちゃったの。笑 生乾きだったのかしら。。。
漢方についてはさすがは専門だね。いろいろ教わりたいわ。未来の講師、ご指導お願いしますわ~。

2010/11/23(火) 17:37:41 | URL | [ 編集]

『生姜毎日!!』

免疫力を高めるために、毎日食べてま~す。

そろそろ、ネタ切れだった所に美味しそうなレ・シ・ピ。

さっそく、今晩やってみる~~~!
ご主人様の酒の肴にもなりそう~~~!

2010/11/23(火) 09:11:53 | URL | [ 編集]

ぐっさん

『No title』

きゃん、いつもながら、ちゃんとお料理つくって、
すばらしいわん!!!

生姜!生姜の中でも、一番、身体を温める効能が高いのは、乾いた生姜。ミイラ化した生姜を使うことなのよーでもね、食べすぎも実はよくないのよ。

でもって、生姜より、もっと体を温める効果が高いのは、シナモンだよーん。

身体を温めるのはいいことだけど、口内炎とか、吹き出物がでたら、それは食べ過ぎのサイン!
ちょっと食べるのを休憩してね~

未来の薬膳師より♪(あー本当に未来で終わったらどうしまひょー)

2010/11/22(月) 23:57:48 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/665-9b0c4476
 |  HOME  |