FC2ブログ

振り返り。生涯学級「頑張らないのに ステキなおうちごはん」第3回

金曜日の夜。今夜もまた梅酒ロックを片手にこれを書いています。
前回の講座の内容をアップしてから、1週間なんてあっと言う間です。


今日は、神奈川区主催の生涯学級
“食卓に集まろう”「頑張らないのに ステキなおうちごはん」第3回。

連続5回のこの講座、毎回、素敵な講師の方々が、それぞれ興味深いテーマを話してくださり、毎週金曜が楽しみです。
先週の講座の内容は、こちら

第3回の今日のテーマは、「5歳若くなる?食の処方箋」
講師は、野菜ソムリエ、横浜市はまふうどコンシェルジュの長谷川さとみ先生です。

長谷川先生は、航空会社勤務の後結婚、出産を経て長い間、専業主婦をされていて、子供が自立した頃から、野菜ソムリエを初め、さまざまな資格を取り、それらの知識と主婦としての経験を活かして、料理教室や各種講演などをされています。「私もみなさんと同じ、主婦です」ただ、“いつでも夢を持って、常にアンテナをはって生活すること”、そうすれば、いつかこんな風に人前に立って、話をすることができるようになるかもしれません。その言葉が印象的でした。

前半は、食事の中の野菜の役割や、美味しい野菜の旬や産地、横浜野菜の紹介などでした。

最初はワークショップ。
宿題になっていた「ある日の献立メモ」をもとに、自分が食べたものを食事バランスガイドに基づいて、主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物に分類し、バランスがとれているかどうかチェックします。
ワタシの場合、副菜(野菜料理、海藻料理)が多すぎて、主食、主宰が少なかったです。野菜は十分摂れているので、OKでしょう。穀物、もっと食べてもいいんだなあ。


-野菜はどうして摂るの?

栄養学などの知識がある人には簡単なようですが。野菜の役割は、カラダの調子を整える、ですね。
中でも最近注目を浴びているのが、ファイトケミカルと呼ばれる野菜に含まれる栄養素。抗酸化物質、つまり病気を予防したり健康を維持するのに、大きな役目をもつものです。例えば、、、野菜の色、赤や紫だったり、匂いにんにくの匂いや辛み成分、などなど。

野菜は、四季を感じさせてくれます。また色がきれいで、食卓を豊かにします。これって、とても重要ですよね。

そして、おいしい野菜を選ぶコツは、野菜の品質の基本原理を知っておくことが大切です。
1、野菜の原産地はどこ?
 その野菜が生まれた原産地の気候や風土を知っていれば、おいしい野菜が育つ条件がわかります。

2.旬を知ろう。その時旬の野菜が、柔らかくておいしく、そして値段も安いです。
 ワタシも、旬でない時期に、わざわざその野菜は買いません。値段も高いし味も薄いですよね。

3.“はしり、盛り、なごり”を意識する。
 「はしり」=出始めは、やわらかくてみずみずしいです。
 今の時期は、どんな野菜が旬で、はしりは何かな??


横浜の野菜を食べよう!
はまふうどコンシェルジュの長谷川先生が、横浜で栽培されている野菜を紹介してくださいました。
意外にも、横浜で栽培されている野菜の収穫量が、全国10位以内に入っている野菜が3つもありました。小松菜、キャベツ、カリフラワーですって。知らなかった~!
他にも、大根やトマト、ほうれん草も。(トマトもほうれん草もよく食べてるけど、主に愛知産や群馬産が多かったような気がするなあ、、、)
そんなにあるなら、わざわざ他県から送られてきたものでなくて、地元で取れた野菜を食べたいですね。これぞ、地産地消
横浜ブランド野菜、「はま菜ちゃん」(横浜市の生産振興品目)や、ハマッ子(JA横浜のオリジナルブランド)のマークがついている野菜を目にしたら、これらを買うようにしましょう。



後半は、栄養素の効果的な組み合わせ・栄養効果をアップするコツ。
美肌を作るための栄養素 ビタミンC+コラーゲン、鉄分+コラーゲン、カロテン+ビタミンC+ビタミンE など。
グレープフルーツゼりー、美肌効果ばっちりだね 今度また作ろう~。

他には、冷え性対策、胃腸を健康に保つ栄養素、貧血改善、骨を強くする、などなど。

でも、これっていちいち栄養素を覚えるのは難しいけど、そのためにどんな食品をとればよいか、だいたい覚えていれば、実践できそうです。実際に、特に意識しなくても、昔からよくある献立で、ちゃんと実践できています。例えば、小松菜とじゃこの炒め物とか、豚の生姜焼きだったり、ひじきの煮ものだったり、実はバランスよくできてるんですよね。

それから、特に女性が知っておくとよいのが、女性のカラダのバイオリズムと食事。
女性のカラダは生理周期によって変化するので、その周期に合わせた食事をとると、よいそうです。高温期には、むくみ対策としてキャベツなどのアブラナ科の野菜と取ったり、食欲が増すので、甘いお菓子の代わりに食物繊維の多いフルーツやナッツ類を食べるとか。それから、女性のカラダには、葉酸は率先して摂りたい栄養素。鶏レバーやほうれん草など。
おもしろかったのは、“長寿の秘訣”は、「まごはやさしい」(豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ(茸)、芋) なるほどね!

他にも先生おすすめの生姜のレシピや、自作干し椎茸の話などもおもしろかったです。
野菜って、本当に、奥が深いですね。よく知って、うまく付き合えば、これで医者いらず、薬いらず!ですよね。


次回も講師は長谷川先生。次はベジフルレシピを考案します。楽しみ!


そうそう、最後に。
今日のまなたんはというと、、、保育に預けられて、おとなしく遊んでいたそうです。
12時に講座が終了して、保育に預けたママ達全員が一緒に迎えに行きます。
部屋を覗いてみると、、、子供たち、ワイワイと遊んでおります。子供たちがそれぞれのママを見つけて、わあーー!っとなっている中、まなたんはまだ気付かず、ウロウロと歩いていましたが、私が声をかけてふと振り向いたら、、、、あらら、突然泣き出して、駆け寄ってきました。
“まなちゃん、一度も泣かずにいい子で遊んでましたよ。後半は、ママを探していたみたいだったけど、がんばってましたね。”と。お母さんいないの知ってたけど、ガマンしてがんばってたんだねー。えらいえらい
帰りにかなーちぇに寄って、お昼ごはんを食べて、3時までたっぷり遊んで帰りました。今日は、午前も午後もお昼寝もせずによく遊んだわ おかげで夜はぐっすりです。

それでは、また来週 
スポンサーサイト



陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2011/06/24(金) | 地域子育て支援 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/836-1c338d63
 |  HOME  |