FC2ブログ

ペルー料理の会と、夜の手間なし料理

今日は、神奈川区と国際交流の会が共催する、『世界の料理』ペルー料理の回で、ご縁があって、お手伝いをさせていただきました。生徒さん20人を迎えて、本場のペルー料理を学びます

私は、料理の先生のテレサママのスペイン語の通訳という役まわりだったのですが、通訳以上のこともいろいろやっちゃって、、、少々でしゃばりだったかしら…。とやや反省もありましたが、みなさんとても楽しそうにやってらして、私もとても楽しかったです。
0203comidaperuana_1.jpg

そして何より、テレサママから教えてもらったペルー料理、美味しかった~
やっぱり、おいしいものはみんなを笑顔にしますね。“終わりよければすべてよし”ってことで

0203comidaperuana_2.jpg

メニューは、ビーツのサラダ、ピーマンの肉詰め、鶏肉のコリアンダーソースでした。
ビーツやら、コリアンダーやら、ちょっと普段食べない珍しい食材がいろいろ出てきます。
ラテン料理で使われる調味料もいろいろあって、生徒さんも興味津々。
ビーツのサラダは、鮮やかなピンク色で見た目もきれい!

0203comidaperuana_3.jpg
こちらは鶏肉のコリアンダーソース。生と粉末の2種類のコリアンダーを使っていました。

ペルー料理 
一見、見慣れない食材も多いし、作るのも難しそうだけど、意外に簡単に、そして手に入る食材でも代用して作れることがわかりました。
勉強になったわー。私も今度作ってみよう~。



さてさて、家に帰ってからは、実家に預けていた娘も帰ってきて、夕飯の時間が迫って、バタバタと大忙し

そんなわけで、今夜は手間なし!の時短料理です。

0203sabakandaikon_1.jpg

■ 大根のサバ缶煮 ■
1.大根を皮を剥き、2cmくらいの厚さに切る。
2.厚手の鍋に入れ、水をひたひたに入れる。
3.中火でしばらく炊いて、多少柔らかくなったら、サバの缶詰を上からドーン!と載せて、適当に崩す。
  蓋をして15分くらい煮て、大根がやわらかーくなったら、蓋を取って少し煮詰める。
ハイ、できあがり。ほとんど、ほったらかしです。
調理時間は20分弱ですね。


もう一品はお野菜。娘が茸が大好きなもので 

0203sabakandaikon_2.jpg

だし汁がなければめんつゆで!
■ ほうれんそうと茸のさっと煮 ■

1.鍋に2cmくらいまでだし汁を入れ、食べやすい長さに切ったえのき、しめじを入れて、酒、みりん、しょうゆ(1:2:2が目安)を入れて味を調えて煮立たせる。
2.茸がしんなりしたら、同じ長さに切ったほうれん草を入れ、ほうれん草が煮えて全体がしんなりしたらできあがり。
あっちゅー間の10分!

時間がない!って時の時短メニューです。
サバなどの缶詰って、しっかり味が付いてるし、ちゃんと火が通って柔らかいから、なかなか重宝しますね。
めんつゆも、味が整っているから煮ものには大活躍しますよね。

それでは、よい週末を~
スポンサーサイト



陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2012/02/04(土) | ラテン飯 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/929-02d14c35
 |  HOME  |