FC2ブログ

パッと咲いた雛祭り寿司~春はすぐそこ!

0303hinamatsuri_.jpg



昨日は桃の節句。雛祭りでしたね。

実は、娘はもうすぐ2歳なのですが、実は、雛人形を今年になって、やっと、先日買いました。
そして、飾ったのも雛祭り当日の朝!
どんだけ、娘を嫁にやりたくないんかい。。。なんてね。笑

0303hinamatsuri_6.jpg

朝起きてきて、雛人形に気付いた娘。
「かわい~」と、最近覚えたことばを連発。
喜んでもらえて、よかったわー
(すぐさま触ろうとするところを、お父ちゃんから速攻、注意を受ける。)

娘の誕生日はその10日後なので、もちろんこのまま飾っておきます。
なので我が家は旧暦式で。 もうひと月くらい、飾っておこうかしら。


雛祭りは、お寿司でしょ。さーて、今年はどんなお寿司にしようかしら?
と、いろいろレシピを探してみましたが、、、やっぱり、ワタシ流の、ちらし寿司にしました。
具を、こんな感じかなー、なんて飾ってみたら、、、
お花が咲きました!

我が家流、お花のちらし寿司

寿司飯>
米 3合
酢 大さじ4
佐藤 大さじ2強
塩 小さじ1

<具>
使ったものは、蓮根、干し椎茸、卵、でんぶ、絹さや、菜の花。
以下の下準備は、順不同です。
1.蓮根は、薄くスライスしてさっと茹でる。熱いうちに甘酢に漬けこむ。
2.しいたけは、干し椎茸を戻す。細く切って、戻した汁に砂糖1:みりん1:醤油2を加えて煮る。
3.むきえびはさっとボイルする。
4.絹さやは、筋を取ってさっと茹でて、2cm幅くらいの食べやすい大きさに切る。
5.菜の花は、さっと茹でて、2.5cmくらいに切る。

作りかた
1.寿司飯を作る。硬めにたいたごはんに調味料を合わせてさっと混ぜ、いりごまをふる。
2.大きくて深みのある皿に、まず、全体の半分の高さまで敷き、錦糸卵、でんぶ、しいたけ、蓮根などの具を敷き詰める。
0303hinamatsuri_3.jpg

3.その上から寿司飯を盛り、平らにする。
4.具を飾る。お花のイメージで。
  外側から、菜の花、絹さやを円の半分ずつ、続いて、れんこん(中心まで敷き詰めてもよい)、椎茸、中心に錦糸卵を盛り、むきえびを丸くなるように数個飾る。
  
 と、私は飾りましたが、作る方はご自分流の花を咲かせてください

0303hinamatsuri_2.jpg

菜の花畑に、春を呼ぶ花が、咲きました。


お寿司で使った残りの菜の花は、

0303hinamatsuri_7.jpg
マヨネーズ+マスタード+レモンのソースでちょっと洋風のおひたし。
菜の花って辛子系が合うと、思うんですよね。


今夜の食卓。
0303hinamatsuri_4.jpg
雛祭りのちらし寿司、まぐろのお刺身、水菜といろんな野菜のサラダ、菜の花のマスタードマヨソース添え、味噌汁。
スポンサーサイト



陽気で美味しいメキシカン!などおうちで作れるラテン料理教室。→詳しくはこちらへどうぞ。

      にほんブログ村 料理ブログへ
↑読んでくれてありがとうございます!もしよかったら、ポチっとお願いします。↑

2012/03/04(日) | 和食 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

querico

『☆izuちゃん』

日本を離れていると、特にそう感じるだろうね。日本には四季折々の行事がいっぱいあるよね。子供がいる今の方が、そういうことちゃんとやってあげたい、と思うようになったわ。
お寿司は、いずみちゃんの得意分野でしょ。いつも美味しそうなの作っていて、私よりも慣れてそうだよ。

2012/03/05(月) 22:34:13 | URL | [ 編集]

izu

『No title』

懐かしいひな祭り。昔母が飾ってくれて、音楽もつけて、お菓子食べたのを昨日のことのように想い出す。やっぱ、子供は日本の文化で育てたいなァーと思う今日この頃。。。お花散らし寿司とても素敵♪ 私はすっかり忘れていましたわ。

2012/03/05(月) 05:21:03 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://querico.blog.fc2.com/tb.php/952-239909e1
 |  HOME  |